おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteでいろんな記事を連載中
 『イッチャンのnote』
 フォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/

2)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

5
麻布十番駅を降りてやってきました。
白木のL字カウンターと黒椅子のコンストラクトがいいですね。
カウンターの奥の壁際には、一輪+αの置物がある程度・・・
このシンプルさがいいです。

IMG_2220

「無銘」のこだわりについて書かれた案内がおかれていました。
初めてきた人について、店の姿勢をそっと伝えることは大事なことです。
お店のこだわりを知ることは、その店の雰囲気や料理について存分に味わうことにつながっていきます。

IMG_2221

本日は一人・・・
瓶ビールで乾杯です。
( ^_^)/□


IMG_2222

「鯛のお造り」よりスタート!
福岡県の鯛・・・
自分の出身地産のもので、料理がスタートする偶然も何だか嬉しくなります。
そして、部位は、お腹・背中・尻尾の3カ所です。
尻尾は塩、それ以外は醤油です。

食べた感じは、しっとり、まろやか・・・
部位による違いが口の中に広がり楽しい。


IMG_2225

「茶碗蒸し」
蒸し雲丹・吉野川の青のりを使っています。


FullSizeRender

蓋をあけると・・・
通常の茶碗蒸しより、かなり少なめです。
でも、蓋をあけたときの海苔の香りがいい・・・
量は最低限でも、出汁だけの味を楽しめます。
真の茶碗蒸し好きには、たまらない逸品でした。


FullSizeRender

「カツオ」
実に、まろやかなカツオでした。
カツオじゃないような・・でもカツオの味です。
こういう感覚を味合わせてくれるのも嬉しい!


FullSizeRender

「無名のこだわり」に書かれていたDEUTZ(ドゥーツ)が気になったので注文しました。
歌手のマドンナが今も愛飲するシャンパーニュとか?
豊潤でスッキリでした。

IMG_2231

「あん肝」
優しい、人肌の温もり・・・
口の中でとろけます・・・
美味しい!

FullSizeRender

日本酒のアテにぴったりのものが3種類でてきました。
「イカの塩辛」と「氷魚(鮎の子)の塩辛」

「氷魚(鮎の子)の塩辛」
さっぱりした感じ・・・ネギとよくあう。
「イカの塩辛」
上品な味付けで深い味わい・・
氷魚とは好対照です。

FullSizeRender

「サワラの西京焼」
素材の味をいかした西京焼です。
美味しい!
ご飯と一緒に食べたくなりますね。
(^^)

添えられたさくらんぼの洋酒漬けみたいな感じが癖になります。


FullSizeRender

さあ、もう少しで握りに移ります。
握りが載せられていく皿がいいですね。

ここまで、多種多様な陶器が登場しました。
日本料理の醍醐味です。


FullSizeRender

ガリです。
口に入れた段階ではおとなしい簡易ですが、じわっとガリの美味しさが口の中に広がっていきます。


FullSizeRender

最後の握り前の料理です。
「蒸し鮑」


FullSizeRender

蓋をあけると・・・
鮑です!
こちらも、素材の味を引き立たせていますね。
シンプルな味付け・・・
お酒だけを使っているとか?
納得の味です。


FullSizeRender

ここで、飲み物は白州のハイボールにしました。
口直しの意味もあります。


IMG_2247

握り14種のスタートです。

シャリは、通常の赤酢の半分くらいのものを使用しているとのこと。

「縞鯵」
縞鯵の味が引き立っていますね。
青物好きにはたまりません。

FullSizeRender

「サワラの酢〆」
魚の美味しさ・・・
風味を味わえます。
美味い!

FullSizeRender

「すみイカ」
イカの美味しさが引き立っています。

FullSizeRender

ここで、カラスミです。
ちょっと嬉しい贅沢かも?
一口で食べました。
日本酒が良かったかな?

日本酒を頼むと、いろんなお猪口から選ぶことができます。

FullSizeRender

「中トロ」
やはり、マグロを食べたくなりますよね。
日本人ですから・・・
しっかり脂が載った中トロでした。
中トロは最高です。
日本人としての幸せ・・・


IMG_2256

「マグロ漬け」
漬け方が柔らかい・・・
本当に魚の美味しさが伝わってくる・・・


FullSizeRender

「宮城の赤貝」
プリプリ感と赤貝本来の磯の香りが伝わってくる美味しさ。
そこの土地柄の様相がイメージできます。
赤貝が美味しいお鮨屋さんは、本物だと感じます。
美味い!


FullSizeRender

「根室のイワシ」
これも青物好きには溜まりません。


FullSizeRender

「大トロ」
まさに王道・・・
大トロよりも中トロの方がいいとは思っていましたが・・・
やっぱりは大トロは美味いよ。
これは理屈じゃないよね。
美味い、美味い!


FullSizeRender

「コハダ」
青物三種名・・・
コハダが青物の〆にはふさわしいですね。
ただただ美味しい!


FullSizeRender

「カワハギ」
美味いの一言!

FullSizeRender

ここであがりをもらいました。
お茶とともに残りのお鮨を味わいました。

IMG_2274

「毛ガニ」
シーズンですね。
本当に毛ガニそのものの味わいでした。
美味い!

FullSizeRender

「車海老」
シャリに対して海老の比率が高かったので、海老好きの私には海老のボリュームがあるので大満足でした。プリプリした車海老・・・最高です。

FullSizeRender

「雲丹の軍艦巻き」
パリパリの海苔と雲丹のとろけ方が最高のマッチングです。
美味い!

FullSizeRender

「お椀」
赤出汁です。
ほど良い量で、最後の余韻を楽しみました。

FullSizeRender

「煮穴子」
関東らしい本日の握りの〆です。
めっちゃ甘みがあって、とろける美味しさでした。


FullSizeRender

それにしても、とにかくシャリが主張しすぎず、素材の味を最大限いかした鮨の構成でした。
改めて、お魚の美味しさを再発見した今回のお任せコースでした。

まさに、住所非公開の隠れ家・・・
人に勧めたい反面、教えたくないそんな感覚になるお鮨屋さんです。
大切な人と一緒に来たいですね。
今回が一人だっただけに・・・
ご馳走様でした。

麻布十番 鮨 無銘寿司 / 麻布十番)
夜総合点★★★★ 4.4

5
メトロ日比谷線2番出口から、1本路地に入った所に何やら強烈なインパクトを与える建物があります。
いつできたのか?
後で担当した職人さんに聞いたのですが、何と6年前にオープンしたとのこと・・・
知らなかった・・・

思い起こせば、夜に茅場町に来たことはあまりありませんでした。
昼間では、確かにきづかないですよね。

FullSizeRender

入口側に回っても壮観です。
今回は、このビルの3Fに行きます。
1Fは焼き鳥、2Fは懐石、3Fがお鮨になります。
3Fは会員制になります。

FullSizeRender

1Fに入り、3Fで予約している旨を伝え、3Fまで室内の階段であがります。階段であがるのも隠れ家的でいいですね。
目的地の扉が見えてきました。


IMG_1481

室内に入ると、何と靴を脱ぐシステムです。
お鮨屋で靴を脱ぐのは初めてかも?


IMG_1480

L字のカウンター席です。
掘りごたつ式になっており、かつ座椅子がついているのでゆったりと食事ができます。

FullSizeRender

上着は預かってくれます。
私は、L字の一番右奥でした。
一人だったので、角席は有り難いですね。
じっくりと堪能できます。

FullSizeRender

日本酒とも思いましたが、まずは生ビールで乾杯です。
( ^_^)/□

IMG_1388

生牡蠣からスタートです。

「生牡蠣」
北海道仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣です。
大きくてつやつや、プリプリです。
大きいので、職人さんが食べやすくカットしてくれています。
滅茶苦茶みずみずしい・・・
牡蠣好きにはたまらないですね。

IMG_1390

FullSizeRender

ここで、酒のアテが7種類でてきました。
日本酒にしなかったことを多少後悔しながらも、でも生ビールにもしっかりと合います。

FullSizeRender

「鯨の囀り」
鯨臭さが全くない、粒皮の食感とネギもアクセントになっています。

FullSizeRender

「あん肝」
とても濃厚です。
でも美味い・・・
間違いなく日本酒に合う逸品です。
日本酒は、他の方の注文しているのをみていて、おまかせがベストに感じました。


FullSizeRender

「蟹味噌」
煮詰めて、煮詰めて濃厚にしています。
10kg→3kg位になるまで煮詰めているとか・・・
美味いわけだ・・・


FullSizeRender

それ以外のアテです。

「岩もずく」
青森県産です。みずみずしい・・・ヘルシー!
つるっといけます。

「芽生姜」
ガリです。
こちらは、鮨の合間に食べました。

「明太子」
自家製のものです。
芋焼酎につけたとか?
九州出身の私には、とてもうれしい逸品でした。
穏やかな味わいでした。

「千枚漬け」

さて、握りのスタートです。
一番手は何か?
大トロでした。

「大トロ」
北海道戸井産です。
2週間熟成したものです。

不二楼さんの特徴は熟成鮨も使っていることです。
元々の江戸前寿司は熟成が当たり前だったようです。
鮨の原点である熟成にこだわっているあたりもいいですね。

味が実にまろやかですね。
シャリの適度な硬さにトロのとろけ方が合っています。
美味い!

FullSizeRender

ここで、職人さんがマグロの大トロの部分を見せてくれました。
こうやってみると、贅沢な部分を食べているのですね。
この醍醐味こそが、幸せに感じます。
マグロ好きの日本人には欠かせない・・・

FullSizeRender

「勘八」
2週間熟成しています。
カウンター内の握り光景を見ていると、ネタにつけ出し汁を塗ってくれていあmす。
カツオのお出しなど・・・どうりで旨みが増すわけです。

カンパチも非常に柔らかいです。
食べた後の口の中での旨みの拡がり方がいいですね。

FullSizeRender

「白烏賊」
長崎の白イカです。
藻塩を振っています。
肉厚はイカは最高ですね。
最初の食べた食感は、イカじゃないみたいでした。

FullSizeRender

「鰆」
藁で蒸しています。
4日熟成です。
サワラ握りを口の中に入れると、シャリの上でとろけていく感じです。
熟成は、ちょっと違いますね。
普段知っている寿司とは別物に感じます。

FullSizeRender

「コハダ」
鹿児島のコハダです。
コハダは大好きです。
酢締めで5日目のものです。
コハダの酢との相性がいい・・・
コハダが苦手な方でも食べられると思います。

FullSizeRender

ここで、握りは一息です。
茶碗がでてきました。
蓋を開けると・・・

「松茸の茶碗蒸し」

FullSizeRender

松茸がちりばめられています・・・
食べ進めると・・・とにかく美味い!
食レポがいらない美味しさです。

FullSizeRender

何と白子も入っていました。
知人に白子が大好きな人がいるので・・・
こんなの食べたというと・・・うらやましがられる・・・
白子が入った茶碗蒸しもおつです。
銀杏とともに・・・季節の風物詩を感じます。
それにヘルシー!
本当に美味い茶碗蒸しでした。
おかわりしたい!

FullSizeRender

再び、握りに戻ります。

「マグロ漬け」
上品な漬け方です。
当たり前か?

後から効いてくるわさびの感じもいい!

FullSizeRender

「クエ」
炙っています。
クエのにぎりは初めてかも?
香ばしい中に旨みがじわっと来ます。

FullSizeRender

「赤貝」
美味い!
赤貝の美味しさで、お寿司屋さんの力量がわかる機がします。
とにかく美味い赤貝でした。
もう1貫食べたい!

FullSizeRender

ここで口直しです。

「栗のチップス」
シーズンオフが近いところで食べられたことに感謝。
とにかく作るのに手間がかかっています。
低温で揚げているとのこと・・・
滅茶苦茶癖になる味でした。
お客さんからも大人気とか?
塩もよく効いています。

FullSizeRender

生ビールを2杯飲んだ後、3杯目は白州のハイボールにしました。
流石にここまでで、かなりお腹も一杯です。
ハイボールで胃腸の気分転換も図った次第です。

IMG_1444

ラストスパートです。

「カワハギ」
カワハギの上に、カワハギの肝が載っています。
滅茶濃厚です。
職人さんによると、本日のメインと言っても過言ではない。
カワハギの肝に価値がある・・・
いやいや、ごもっともです。
例え、お腹一杯だとしても、食べたい美味しさです。
食べられたことに本当に感謝かも?

FullSizeRender

「雲丹の軍艦」
雲丹は浜中です。(小川のうに)
何と、雲丹の下に白子が入っています。
いやいやいや・・・美味かった。

FullSizeRender

職人さんが海老の皮をむいていました。
私の大好きな海老です。
しかも・・・車海老・・・

FullSizeRender

「車海老」
半茹でです。
甘みがとてもありますね。
海老の味噌もおいしい・・
海老好きにはたまらない。

FullSizeRender

ここでカウンターの奥をみると・・・
各種包丁がおかれています。
こういう雰囲気も高級寿司店ならではですね。

FullSizeRender

名物のバッテラ・・・
これだけの量をみると壮観です。
食べたい気分になります。
お腹が一杯になっているはずなのに・・・

FullSizeRender

「バッテラ」
とにかく美味い!
甘みが食欲を復活させてくれます。
名物だけのことはありますね。

FullSizeRender

「煮穴子」
本日の握りのシメです。
手でもつと壊れそうな・・・
口の中に入れるととろけました。
ただただ、美味い!

FullSizeRender

職人さんに、別なお客さんようの先程食べた「カワハギ」と「雲丹軍艦」が大皿に載せているものを見せてもらいました。
あの感動が・・・再びでした。

FullSizeRender

「お椀」

FullSizeRender

蓋をとると赤出汁でした。

FullSizeRender

飲み進めるとシジミを発見!
肝臓が整うように感じました。

FullSizeRender

最後にあがりを飲んで、満足、満足、大満足・・・

FullSizeRender

楊枝もおつでした。
黒文字楊枝も使いやすかった。

FullSizeRender

ご馳走様でした。
本当に堪能できました。

今度は、他の階の焼き鳥か懐石にもきてみたいです。
それに、4FのBarにも・・・
女性のバーテンダーさんがいるとか・・・
行きたい気分で、お店を後にしました。

鮨 不二楼寿司 / 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
神田にやってきました。
神田駅南口より近いところに目的地がありました。

お店の表札がいいですね。
シンプルです。

IMG_5875

素敵な暖簾です。
雰囲気がでていますね。

IMG_5873

店内に案内されました。
カウンター席に座りました。

いい感じのカウンター席です。
座り心地と居心地がいい。
その理由は、高さにありました。
料理の前から拘りを感じました。

IMG_5878

カウンターの後ろ側にテーブル席の個室もあります。

IMG_5879

まずは、前菜5種盛りからスタートです。
自然の素材を活かしたものでした。

IMG_5881

・稚鮎
油を使ってないので、適度な酸っぱさでした。

IMG_5882

・岩もずく
石川県能登産のものでした。
スッキリした味わいです。

IMG_5883

・湯葉料理
京都の湯葉に紫うにといくらの塩漬が載せられています。
上品なながらも鮨屋らしさがでています。

IMG_5884

・万願寺唐辛子の和物
伊豆のシラスに、鷹の爪でピリ辛風になっています。
酒のつまみとしては、最適です。

IMG_5885

・粒昆布
マグロの糸削りが優しく散りばめている。
美味い!

IMG_5886

飲み物は生ビールからです。
一人乾杯!
( ^_^)/□

IMG_5888

一番出汁です。
飲み食べる前に、まずは一杯です。
食べ始める前の内臓の状態を整える役割があるのかも?
実際、シジミを使われていました。
美味い!

FullSizeRender

(握り5種)
まずはトロたくからです。
・トロたく
今一般的な黄色のタクワンではなく、秋田のいぶりがっこを使っています。
そのため、スモーキー!
キャビアとのマッチングもいい!
海苔は有明・・・美味い!

IMG_5891

IMG_5892

・マグロ
塩竃産でした。
意外でしたが?時期にあわせて最良のものに合わせている姿勢を感じました。
大間だけではないということ・・
煮切り醤油が独特でした。
そのため、醤油につける必要がありません。
そのまま、手にとって食べ進めることができます。

IMG_5893

・縞鯵
三宅島の一本釣りです。
一本釣りは魚のストレスがないようで、やはり旨さがちがいます。
青物好きな私にはたまりません。

IMG_5896

・アオリイカ
塩の振りかたもいいので、ただただ美味い!
イカの旨みが伝わってきます。

IMG_5898

・赤貝
赤貝が美味しい鮨屋は最高ですね。
期待通りの美味しさです。
赤貝は最高ですね。

IMG_5900

シャリには、単なる赤酢だけでなく、米酢をブレンドしています。
拘ったシャリ・・・
もちろん、美味いです。

一品料理になります。
・生シラス料理
西伊豆用宗港に水揚げされたシラスです。
卵黄、ウニで磯の香が口の中にほんわりと・・・
食べた時の旨味が違います。

IMG_5903


・海鮮サラダ
千葉のもち鰹(は鰹)を使っています。
7時間位で捌くことにより、よりモチモチ感があるようにしています。
漁師が船上で食べるタレのアレンジもユニーク!

IMG_5906

ここで、飲み物は焼酎のロックにしました。
「刻の一滴」

IMG_5909

(焼物)
青森のサクラマスの幽庵焼きです。
甘味があり、風味がいい!

FullSizeRender

(茶碗蒸し)
雲丹とズワイガニのあんかけ。
馬糞ウニを使用しています。
優しい味、銀杏入りは基本ですね。

IMG_5913

FullSizeRender

再び握りです。

・漬けマグロ
柚が振られています。
酒が進みますね。

FullSizeRender

ここで、隣りの方が頼んだ日本酒がおいしそうだったので、相乗り!
「加賀鳶」

スッキリした味わい、イチゴもグビグビいけました!
徳利とおちょこもいいですね。

IMG_5923

FullSizeRender

・金目鯛
銚子沖の金目鯛です。
金目鯛でないようなふんわり感がいい。

IMG_5927

・ボタンエビ
漬けエビの卵添え・・
ボタンエビの味だけでなく、漬け卵との食感が楽しめました。

IMG_5929

・コハダ
佐賀産です。
昆布締め・・・美味い!
コハダ好きにはたまらない・・・



FullSizeRender

・イクラ
巻いて食べのが楽しい!
イクラ好きにはたまらない。

FullSizeRender

FullSizeRender

・椀物
利尻の昆布を使用した味噌汁です。
エビの香りがいい、落ち着く味です。

FullSizeRender

・巻物
いわゆる鉄砲巻です。
干瓢にわさびがGood!

FullSizeRender

・玉子
プリンのようなスイーツでした。

IMG_5943

・甘味
静岡のクラウンメロンでした。
甘くて、美味かった!

IMG_5945

最後にあがりです。
美味いお鮨を食べた後のあがりは最高ですね。

FullSizeRender

ご馳走様でした。
満足です。
幸せな気持で、ほろ酔い気分で電車に揺られて帰宅しました。

神田 鮨 近松寿司 / 神田駅新日本橋駅淡路町駅
夜総合点★★★★ 4.5

5
五反田でおいしいお寿司屋さんがあると聞いてやってきました。
五反田駅を降りて、裏通りながらも道沿いなのでとてもわかりやすいです。
店舗前にたどり着くとやはり高級感ある雰囲気があります。

IMG_1370

引戸をあけて中にはいります。
更にもう一つドアがあり、暖房に配慮した造りです。

IMG_1366

店内もカウンター席をメインにテーブル席も豊富にあります。
早い時間帯に行ったので、お客は私たちだけでした。
ただ、18時過ぎに満席になりました。

IMG_1372

IMG_1371

FullSizeRender

本日はコースで頂きます。
『本日のあさひおまかせコース全20品(8,000円)』
それと日本酒のソムリエがいるとのことだったので、「SAKEペアリング全8種(5,000円)」をつけました。
どんな料理と日本酒がでてくるのか?
とても楽しみです。

IMG_1377

LINE登録により、最初のドリンクがサービスになりました。
また、LINE上で本日のメニューを見ることができます。
今風で良い対応です。
IMG_1381

まずは乾杯です。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

IMG_1378

(季節の先付)
まずは先付からスタートです。
3品でてきました。
・チーズのたまり漬
・カブと春菊のおひたし
・白身魚の梅肉和え
チーズはたまり漬でさっぱりしています。とても食べやすいです。
梅肉和えは、梅の香りと味わいがヘルシーです。
梅水晶のカリカリの食感がまた良い!
春菊のおひたしは、春菊の癖が緩和されていて食べやすいです。

FullSizeRender

【水芭蕉】
最初の日本酒は、群馬県の酒造のスパークリングです。
日本酒のスパークリングは初めてかもしれません。
純米吟醸の辛口がスッキリです。
あわせて、お水も一緒にでてきました。
この配慮はうれしいですね。
しかも、南魚沼の水です。
南魚沼といえば、おいしいお米の産地・・・そこの水を提供してくれます。
なんとも贅沢ですね。

FullSizeRender

(雲丹の食べ比べ)
早くもウニ登場です。
北海道産の雲丹のバフンウニとムラサキウニの食べ比べです。
食べやすいようにレンゲの上に載せてくれています。
私は一口で行きました。
ウニの上にのせている塩が若干違います。
それぞれのウニにあわせた一工夫がいいですね。

FullSizeRender

IMG_1392

FullSizeRender

(お造り~ヒラメ)
煎り酒を使用しています。
日本酒とも抜群に合いますね。

FullSizeRender

【鍋島】
佐賀県の酒蔵です。
福岡県出身としては、九州のお酒が出てくるとなんだかうれしくなります。
大将も同郷でした。
福岡同士・・・急に親近感が湧いてきました。
鍋島を飲みながら、ヒラメを食すと・・・鍋島のフルーティな感じがヒラメととてもよく合います。

FullSizeRender

(もずく酢)
もずくは沖縄産です。ガリと長芋が食欲をそそります。
めちゃサッパリ、長芋との食感もいい!

FullSizeRender

ガリは新芽です。
谷中生姜のような食べ心地です。
口直しにぴったりですね。

IMG_1405

(水蛸の握り)
水タコにすだちをかけています。
水タコの柔らかさと硬めのシャリが実によく合うこと。
こちらの酢もかなりこだわりです。
硬めのシャリと調和もいいです。
それに、握りの大きさが小さめなので一口でいけます。
女性にも喜ばれる寿司です。

FullSizeRender

【七田】
佐賀県の酒蔵が続きます。
甘めだけどスッキリしてますね。

FullSizeRender

(あん肝の艶煮)
あん肝に皮がついたみかんが載せられています。
ミカンであん肝が中和されて癖がなくなります。
食べやすい。
日本酒とも合いますね。

大将の創意工夫をみていると、寿司屋以外の経験がおありではないかと感じました。
お聞きすると洋食のご経験もお持ちでした。
これで納得です。

IMG_1413

(勘八握り)
これもうまい。
ここまでくると、ただただ美味いです。
おいしさに言葉はいらないですね。

IMG_1416

(天然真鯛握り)
真鯛に醤油+鰹節、それに昆布です。
風味が美味ですね。
それにしても硬めのシャリ・・・醤油がなくても下味だけでもOKです。
シャリはお水4割減で炊いているとか?
納得です。

IMG_1418

【乾坤一(けんこんいち)】
宮城の酒蔵です。
純米吟醸の原酒・・・一回火入れのみお酒です。
なんだろう・・・この味わい・・・
ここから、更に一工夫二工夫が待っていました。

FullSizeRender

(アワビ肝ソース和え&マル秘)
メニュー表によると名物料理とのことでした。
鮑を肝ソースで食べると、とても穏やかな味わいです。
ここで、獺祭の酒米(山田錦)が登場しました。
残った肝ソースの中に、獺祭の酒米を入れるのです。
とてもユニークです。
ご飯は硬いけれど、肝ソースによく合います。
そして、日本酒「獺祭」もおちょこで登場です。
まさに、いたせりつくせりです。
たまりませんね。

IMG_1424

FullSizeRender

IMG_1426

IMG_1428

IMG_1430

(いくら)
いくらは、塩だけでいただきます。
醤油とは違った素材を生かした味わいです。

FullSizeRender

【田酒】
室温に合わせているとのことでした。
米の美味さに合わせています。
グラスにもこだわりがあります。
口に広がりやすいように大きく開いたグラスをセレクトしています。 

FullSizeRender

(中トロ握り)
本マグロ 「中トロ」です。
やはり中トロは日本人としての喜びを感じます。
硬いシャリととろける中トロがよく合います。

IMG_1439

(本日の光り物~コハダ)
コハダです。
寿司コースの中で、コハダは食べたくなりますよね。

IMG_1443

(お造り)
ここで、もう一度お作りです。
サワラのお造りに海苔醤油・・・・
たまりませんね。
初めて海苔の組み合わせで食べましたが、美味です。
磯の香りが口の中で広がる嬉しさ!

IMG_1448

(漬けマグロ握り)
漬けマグロに、ハリゆずが添えられています。
大人の味わいです。
醤油に柚の柔らかい自己主張を感じます。

IMG_1452

【天明】
江戸時代主流だった木本造りを採用しています。
あっためてくれています。
銀鱈など脂濃いめの料理と合います。
優しい味わいですね。

FullSizeRender

IMG_1462

(銀鱈の西京焼き)
うまい!

IMG_1465

(金目鯛の蒸し寿司)
常温です。
金目鯛のおいしさが最大限引き立ちます。

IMG_1467

(煮穴子の手巻き)
山椒の風味がいいのと、有明の海苔のパリパリ感とも合います。
最後までも来ても食欲が衰えませんでした。

IMG_1470

IMG_1474

IMG_1476

(しじみのお吸い物)
優しい味としっかりとした味と香り、スープが実にうまい。
しじみというと味噌汁が定番ですが、お吸い物もいいですね。
出汁が効いてる・・・

IMG_1480

【三軒茶屋のどふろく】
とちおとめ(いちご)と、チョコをあわせています。
とちおとめの香りがどぶろくを中和しています。
締めの日本酒としてふさわしいのかも?
全8種、本当に楽しめました。

IMG_1482

(玉)
たまごの上にキャラメルが香ばしい。
スイーツのような感覚です。
甘すぎない・・・
玉子の柔らかさとキャラメルのシャキシャキ感がいいですね。

FullSizeRender

最後に濃いめのあがりを飲んで落ち着きました。
ほろ酔い気分でとても満足。
それにしても、全20品でのコスパはいいですね。
日本酒とのペアリングも日頃飲んだことがないものが主体だったので、満足度も高い。
アラカルトの注文もいいですが、日本酒とともにお任せするのが一番ベターに感じました。

IMG_1491


鮨 あさひ
寿司 / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅
夜総合点★★★★ 4.4

5
中目黒にやってきました。
中目黒は2回目です。
今回は、ある方のオススメでやってきました。

目的地に近づくと、何やら住宅街です。
「え、住宅街にあるお鮨屋さん?」
ますます期待がもてますね。

そして、ここじゃないという引戸がありました。

IMG_0417

引戸をあけると、左か?右か?の選択を迫られましたが、左に行く右利きの修正?
すると、後ろから歩いてきた人が、こちらですよと声をかけてくれました。
先方は常連さんなのかもしれません。

そして、カウンター席の一番奥に案内されました。

いや・・・みるからに良い雰囲気ですね。
壁も絵も何だか洒落ています。

まずは、何といっても生ビールからスタートです。
乾杯!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

FullSizeRender

何といっても、器がいいですね。
いろんな器に盛られてくるのが想像できます。
日本料理ならではの醍醐味です。

「カマスのガリ巻」
意外なところからスタートです。
でも、自信の表れが感じられます。
カマスの臭みをうまくガリで中和させて旨味に変えていく。
ガリ好きな私には、たまらない逸品です。

FullSizeRender

最初は何だろうか?と思いました。
蓋をとってみます。


FullSizeRender

中からスモークが・・・
演出もばっちです。
「大トロの燻製」
初めてのパターンです。
とろける味と燻製の香りが心地よいです。
美味い!


FullSizeRender

「セコガニのシャーベット」
優しい味です。
蟹がシーズンに入りましたので、嬉しいですね。
冷たいながらも、胃腸へのいたわりがある・・・
そんな気がしました。

FullSizeRender

FullSizeRender

ここで、日本酒をペアリングしてもらうことにしました。
最初に出てきた日本酒です。

「田中六五」
福岡県のお酒です。
福岡県出身の私としては、嬉しいですね。
日本酒のおちょこととっくりもいい!
普段はそれほど日本酒を飲まない私ですが・・・
いい!!

FullSizeRender

「ひらめの刺身」です。
函館でとれた津軽海峡のひらめです。
口に含めると・・・プリプリ感がいいですね。

FullSizeRender

さんまです。
さんまを使うあたりが、やはり良いお店であることを感じます。
炙っていて、白胡麻油で食べます。
ヘルシーですね。
青物特有の臭いは全く感じないので、苦手な方でも大丈夫です。

IMG_0435

「春子(かすご)鯛のフライ」
自家製のタルタルソースが合います。
まさか、フライが出てくるとは思いませんでしたので、ギャップ感も良かった。

FullSizeRender

続いての日本酒は、「十四代」です。
山形のお酒・・・有名ですよね。
先程の日本酒より甘みを感じます。
お鮨料理に合いますね。

FullSizeRender

手渡しでの巻物がきました。
巻物の中身は、納豆、明太子、ガリ、アボガド、コロ芋、塩昆布・・・
巻物の下側に下仁田ネギが入っています。
食べ進めるうちに味が変化?
面白い取組みです。
巻物、好きな私にとってはとても嬉しい!

FullSizeRender

ここから、握りがスタートです。
「アズキハタ」
なんといきなり高級魚からきました。
ただ、名前を言われないとわからない・・・
でも、ここは素直に味わいます。
美味い!

FullSizeRender

「磯自慢」
静岡の日本酒です。
おちょこは木製にかわりました。
木製のおちょこもいいですね。

FullSizeRender

「赤貝」です。
赤貝の旨さで、そこのお店の力量がわかる気が?
もちろん、美味い!
みずみずしさが溜まらない・・・

FullSizeRender

「サワラ」です。
鳥羽産・・・
握りを食べている時、日本人としての喜びを感じます。
幸せ・・・

FullSizeRender

車エビです。
ここでも一工夫・・・
白エビが挟んでいます。
何となくより甘みを感じたのはそのせい?
美味い!

FullSizeRender

「雲丹」登場です。
シャリの上に青のりを載せて、その上に馬糞ウニが更に載っています。
とろける雲丹と青のりがよくあいます。
大人の味わいですね。

FullSizeRender

「赤身マグロ」です。
私も日本人・・・
マグロは大好きですね。
何貫でも食べれそうな気がする・・・
ほのかに柚の香りが・・・

FullSizeRender

「中トロ」です。
何も言うことはないですよね。
ただただ、美味い!


FullSizeRender

「森嶋」です。
東京都の日本酒です。
東日本大震災で崩れ落ちた石蔵をデザインした、酒造の思いが伝わってきます。
スッキリしていますので、最後を飾るには一番ベストかも?


IMG_0458

「コハダ」です。
日本酒ともあい、ぴったんこです。
青物好きとして、このタイミングでのコハダもいい!

FullSizeRender

「ホタテ」です。
低温調理されているものです。
ひと味違う仕上がりになっています。

FullSizeRender

「イカ」です。
シンプルに美味い!

FullSizeRender

おっと、流れでもう1種類追加しました。
「まつもと」
京都の日本酒です。
とっくりとおちょこもいい。
上品な気分・・・ただただ味わい深い・・・

FullSizeRender

椀です。

FullSizeRender

シメには欠かせないですね。

FullSizeRender

そして、穴子です。
タレでもらいました。
ほんわりしたぬくもりが穴子ならではの旨さを醸し出しています。
美味い!

FullSizeRender

最後に卵です。
しっとりしたスポンジケーキのようです。
最後のお鮨屋さんでの醍醐味は、今や卵かもしれませんね。

FullSizeRender

あがりを頂き、ご馳走さまでした。

FullSizeRender

それにしても、良いお店ですね。
また、来たい・・・
そんなお鮨屋さんでした。

宇田津 鮨寿司 / 中目黒駅祐天寺駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.5

↑このページのトップヘ