おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteでいろんな記事を連載中
 『イッチャンのnote』
 フォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/

2)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

鉄板焼き

5
桜木町にやってきました。
みなとみらいや野毛など、結構をいろんなお店に行っています。

今回は、JR桜木町駅北改札をでて西口側に出た後、通りにそって右側に歩いていきます。

IMG_1149

紅葉坂信号機についたところで、通りを渡ります。
すると目的地のビルが見えてきました。

IMG_1150

エレベーターで5Fにあがります。

IMG_1151

鉄板焼「にし田」は約2か月前にオープンしたばかりです。

IMG_1153

店内に入ると、マスターと女性スタッフさんがお出迎えしてくれました。
カウンター席・・・いいですね。
角に席に腰掛けました。

IMG_1154

本日はコース料理です。
「竜胆(Rindou)」

IMG_1157

金の牛さんの箸置きがかわいいですね。
こういうちょっとしたアクセントがうれしいものです。

FullSizeRender

男同士、乾杯です。
今宵もおいしい物を食べられることに感謝!

FullSizeRender

「A5ランク黒毛和牛の炙り寿司」
近江牛のカイノミです。
近江牛が、関東で楽しめるのうれしい!
肉の仕入れ状況によって、肉のブランドは変わるようです。
その時々のベストなものを仕入れされているようでした。

FullSizeRender

塩昆布が載っています。
グルタミン酸を迎えて、旨味を引き出すようにされています。
肉寿司に塩昆布・・・合いますね。
美味い!

FullSizeRender

「季節の野菜の一品」
冷やしたキノコのムース・・・
全粒粉クラッカーに載せて食べます。

FullSizeRender

とろけるようなムースとクラッカーの食感が合いますね。
とてもヘルシーです。

FullSizeRender

「鉄板で仕上げる温野菜」
金の蓋が映えますね。
蓋をあけると・・・

FullSizeRender

すき焼き仕立ての料理です。
お肉は、山形牛の霜降り・・・
以前、初めてこのブランドを食べて、とても美味しかったことを覚えています。

FullSizeRender

まずは、このままで肉の味を楽しみます。
美味い!
久しぶりに食べましたが、最高です!
スープだけを飲んでもおいしい!

FullSizeRender

今度は、鹿児島県の和卵をかけて食べます。
すき焼き風というと、つい卵につけて食べたくなりますが、こちらではかけるスタイルです。

FullSizeRender

すき焼きにかけてみました。
食べてみると・・・
美味しい!
肉の旨味がひきたつようです。

FullSizeRender

「黒毛和牛のお造り」
仙台牛のうちももの部位です。
昆布締めをして、一晩熟成しています。
淡路島の玉ねぎとマリネ風にしています。

見た目もあでやかですね。

FullSizeRender

たまねぎと一緒に食べると、肉も柔らかく、超ヘルシー!

FullSizeRender

「伊勢海老のソテー」
伊勢海老の殻でグラタンを作っています。
調理の光景を目の前で見れるのも、鉄板焼きの醍醐味です。

FullSizeRender

伊勢海老の中身も食べやすく仕上げてくれます。

FullSizeRender

完成です。
こちらも見るからにおいしそうです。

FullSizeRender

まずは、伊勢海老から頂きます。
海老をベースにしたソースをつけながら・・・
美味い!
海老好きなので、たまりません。

FullSizeRender

次はグラタンです。
良い感じに仕上がっています。
にし田オリジナルの海老味噌を使用しています。

FullSizeRender

スプーンですくって、パンの上に載せて頂きます。
おいしい・・・
いいですね。
二つのパターンで食べ比べができる・・・
幸せです。

FullSizeRender

「お口直し」
お椀が登場しました。
蓋をあけると・・・

FullSizeRender

和牛が入ったお吸い物です。
生姜が効いていて、口直しにピッタリです。
牛の旨味もたっぷりです。
寒い日だったので、体の芯から温まるようでした。

FullSizeRender

「A5ランク黒毛和牛」
本日は、近江牛フィレのシャトーブリアンです。
いいお肉ですね。

FullSizeRender

お肉が仕上がっていく光景をみるのは楽しいですね。
それに、調理中の良い香りが伝わってくるので、食欲もでてきます。

FullSizeRender

薬味は、3種類です。
泡醬油、わさび、塩・・・

FullSizeRender

お肉が完成しました。
美味そう!
焼き加減はミディアムレアー・・・
お肉にピッタリです。

FullSizeRender

最初に泡醬油を載せて食べます。
九州の甘口醤油・・
魚の刺身では甘口は好みませんが、シャトーブリアンとの組合せでは脂分と適度に調和して旨味が増しますね。連れは、この泡醤油が好みだったようで、沢山載せていました。

FullSizeRender

次は、ワサビです。
脂分が中和される感じがして、ワサビのピリリ感で肉の味が引き締まるようです。

FullSizeRender

最後に塩です。
これは一番定番です。
私は、塩の方が薬味としてはお好みでした。

FullSizeRender

もうひとつ、ガーリックスライスを載せても食べてみました。
こっちは、ややお菓子感覚になり、味変としても楽しめました。

FullSizeRender

「季節の野菜のグリル」
野菜がグリルとして出てくるのも鉄板焼きの良いところです。
大分の大長ナス、ズッキーニ、紅大根、京都の万願寺赤唐辛子・・・
野菜の甘味がたっぷりとでています。
味噌仕立てのソースともよく合います。
美味しい!

FullSizeRender

「ガーリックライス」
調理している光景をみながら、こちらもガーリックの香りがほんわかと伝わってきて食べたい気分になります。

IMG_1212

完成です。
和牛の時雨煮も薬味としてついています。

FullSizeRender

まずは、このままガーリックライスを頂きます。
シンプルに美味しい!

FullSizeRender

次に、時雨煮を載せて食べます。
こちらも美味い!

最後に、南部鉄瓶に入ったスープを注ぎます。
要は、ひつまぶし風に楽しみ方ですね。

FullSizeRender

茶漬けの完成です。
日本人として幸せを感じる瞬間です。
美味しい!

FullSizeRender

「本日のデザート」
抹茶のティラミスです。
お肉を食べた後のデザートも楽しみの一つですね。
ご馳走様でした。

FullSizeRender

良いお店でした。
みなとみらいや野毛でもないエリアなので、桜木町としては隠れ家的な鉄板焼屋さんになります。
カウンターで楽しむ鉄板焼き・・・
お寿司屋さん、天ぷら屋さんなどと同様にカウンター席で楽しめる定番ですよね。
また、来たいと思わせる良い雰囲気のお店でした。

鉄板焼 にし田鉄板焼き / 桜木町駅みなとみらい駅馬車道駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
JR池袋駅の中央改札をでて、東口方向へ。
西武百貨店の間を抜けて、42番出口の階段をあがります。
ドン・キホーテの前に出たところで、明治通りに沿って、少し南下します。

最初の路地を左に曲がって、ビルの入口に到着しました。
7Fに本日の目的地があることを確認して、エレベータ―で上がります。

FullSizeRender

エレベーターを降りると、入口のドアがありました。
店内に入ると、左はお鮨屋さんです。
直進すると、店内になります。

IMG_8427

おお、カウンター席が如何にも鉄板焼きといった感じがして、いいですね。
一番奥の席に案内されました。


IMG_8429

完全個室も部屋も複数用意されています。
接待やデート、特別な仲間内での会食でも使えそうです。


IMG_8430

席に座って、改めて正面を見ると・・・
いい感じです。
落ち着いた壁と照明・・・そして鉄板とのコントラストがGood!
この雰囲気だけで、本日の料理が期待できます。

IMG_8434

何はともあれ、連れはソフトドリンク、私は生ビールで乾杯です。
乾杯!

FullSizeRender

料理はコース料理です。
お肉を楽しむ「カジュアルコース」

まずは、本日の前菜からスタートです。
色合いがとてもきれいですね。
海鮮は、勘八と水タコです。
野菜やフルーツとの取り合わせがいいですね。
極めつけは、マンゴーソース。
料理全体の良いアクセントになっています。

もちろん、ヘルシーで前菜としてはばっちりです。

FullSizeRender

焼く前の本日のお肉が登場しました。
通常は、厳選国産牛サーロイン100gか黒毛和牛赤身肉180gの選択制ですが、二人で来ていますので、双方別なものを選択して、シェアすることにしました。
それにしても、お肉・・・おいしそうです。

FullSizeRender

野菜もなかなかです。
シイタケは、大分さんのステーキ椎茸・・・ブランドです。
大分県の隣町に育った私ですが、食べた経験はないですね。
楽しみ・・・

紅芯大根、青ナス、なると金時です。
どれも主張がありそうなので、焼くとどうなるのか・

FullSizeRender

そのまえに、サラダです。
「最高級黒毛和牛を使用したローストビーフサラダ」
お肉には、シーザー風のソースがかかっています。
胡椒と一緒に食べると、めちゃ美味!
これは、サラダというよりも肉料理です。
お肉が適度な噛み応えがあり、うますぎ!

それと肝心な野菜ですが、シェリービネガーがかかっています。
こちらも、さっぱりして美味い。
お肉自体もヘルシーなので、総合的にはサラダなのですね。

FullSizeRender

さあ、シェフがお肉を焼いていってくれます。
焼いている風景を見れるのが、鉄板焼カウンター席での醍醐味です。

FullSizeRender

お肉は、基本ミディアムレアで焼いています。赤身はミディアムレアに近いレベルにしてくれています。
しばし、ヘラの上で寝かせます。


IMG_8458

その間に野菜を焼いていきます。
良い色合いに変化していきます。
ここまでくると、野菜の芸術かも?


FullSizeRender

最後に、お肉をカットしたもと一緒に皿に盛り付けられます。
いや、いいね。
おいしそう・・・

具材を目で楽しみ、鉄板焼きで美味しい匂いをかぐ・・・
そして、皿にもりつけた状態で目で楽しみ・・・
最後は実食を楽しみます。

IMG_8466

ソースは3種類です。
わさび、ブラックペーパーを入れたソース、塩。
塩は、フランス産ゲランド地方のものです。
基本、塩が一番のおススメでした。

FullSizeRender

まず、赤身を塩で頂きました。
う~ん、美味い!
赤身の適度な歯ごたえが好きですね。

FullSizeRender

青ナスも塩で食べます。
ジューシー感が普通のナスとは違いますね。
美味しい!

FullSizeRender

こうなると、箸が止まらなくなりますね。
ここで、シェフが赤ワインがいかがですか?と勧めてくれました。
「ルイ・ラトゥール・ブルゴーニュ」

スッキリした赤ワインで飲み口がいいですね。
赤身、サーロインのお肉にも合います。
勧めてくれた良かった。

FullSizeRender

そして、お肉を食べ終わるころに勧められたのが、ブランドのワイングラスに入ったほうじ茶です。
瓶をみて・・・昔の記憶がよみがえってきました。
「吟醸茶カゴシマブラウン」

飲んでみて・・・間違いないです。
以前、違うお店でコロナ禍の中でアルコールがNGな時期に飲んだものです。
改めて飲んで感じたことは・・・お茶とは思えないおいしさです。
そりゃそうですね。
かなりのこだわりです。

久しぶりに飲めた感動・・・
幸せ・・・

IMG_8483

〆です。
アサリの炊き込みご飯、赤だし、香の物・・・

FullSizeRender

アサリの炊き込みご飯は、一見薄味ながらも・・・
ご飯の甘味を活かしている味付けです。

FullSizeRender

赤だしも良かった。
みりんとお酒が良い味をだしています。
炊き込みご飯との組合せもベストマッチングでした。

連れは、香の物を含めてどれもおいしいと感激していました。
良かった!

FullSizeRender

デザートは、4種載っています。
瀬戸内レモンのシャーベット、ミルフィーユ、抹茶ケーキ、フルーツ・・・

いつしか、お腹も一杯となり、大満足でした。

FullSizeRender

最後にコーヒーを飲みながら、ゆったりとできました。
カップの色合いもいいですね。

FullSizeRender

南池袋にこんなに素敵なお店があるとは、知りませんでした。
ランチもやっているとのこと・・

是非、味わってほしいですね。

吉祥ステーキ / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
JR立川駅をおりて、南口側にでます。
2Fのデッキを多摩モノレール方向に歩き、多摩モノレール立川南駅の反対側のビル側に近いエスカレーターで1Fにおります。

セブンイレブンの所の信号機を渡ってすぐちに左方向に歩き、最初の路地を右方向に行きます。
すると、50m位で目的地があります。

看板は、2Fのビルへの階段横にありますが、わかりにくいです。
2Fに上がるとドアがあります。

店内に入りました。

FullSizeRender

店内は、めちゃくちゃ良い雰囲気です。
カウンター席がシックなおしゃれな感じです。

FullSizeRender

テーブル席もテーブルとイスがいいですね。
荷物入れは、かごが用意されています。

FullSizeRender

個室もあります。
完全個室なので、接待やデートや記念日に使えそうです。

FullSizeRender

本日のコースです。
「極みコース」
楽しみです。

FullSizeRender

まずはともあれ、生ビールで乾杯です。
最初の一口がうまい!

FullSizeRender

(最高級A5黒毛和牛の炙り寿司)
部位はイチボでした。
イチボの炙り寿司なんて・・・ちょっと贅沢な気分です。
味は肉にしっかりついているので、そのままでおいしい!
最初の1品目にふさわしい出来栄えでした。

FullSizeRender

(本日のお造り)
赤身(内もも)の昆布締めです。
添えられている花は、「花穂じそ」
花を崩して、お肉と一緒に食べると・・・ほんわりと紫蘇の香りがします。
ヘルシー!
いいですね。

FullSizeRender

(本日の一品)
牛ハツのコンフィです。
ハツの食感とバルサミコソースがマッチングしています。
本日の一品らしい・・・こだわった料理でした。
まるで、フランス料理ですね。

FullSizeRender

(名物A5黒毛和牛ハンバーガー)
ハンバーガーとはユニークですね。
特製のデミグラソースにハンバーグがつけられています。

FullSizeRender

パンは先に鉄板の上で別に焼き上げます。

FullSizeRender

先ほどのソースの中から、ハンバーグを取りだしてパンの上に載せます。

FullSizeRender

レタス、チーズを載せて、更にパンをのせてから、ピン止めにします。

FullSizeRender

半分にカットしてチーズをかけて完成です。
作る工程をずっとみていたので、食べるのを待ちわびていました。
美味そう!

FullSizeRender

食べやすいように、ぺーパーナプキンを用意してくれています。
早速いれて、いざいただきます。
おいしい!
チーズがとろけて、ハンバーグにまとわりつくようにとろけます。
ファーストフードのハンバーグとは違った上品な味・・
めちゃくちゃおいしい!

FullSizeRender

(活アワビとイセエビの鉄板焼)
まずは、鮑の素材の登場です。
もちろん生きています。
ちょっとかわいそうな気分にはなりますが、ありがたくいただきます。

FullSizeRender

鉄板上で、貝をあけ、広げてみると丁度オスとメスでした。
オス(白)、メス(緑)
偶然とはいえ・・・感謝です。

FullSizeRender

平行してソースづくりも行います。
イセエビ用にタップナード、アンチョビ、オリーブの身などを混ぜ合わせたものです。

FullSizeRender

イセエビも焼いていきます。
甲殻類が好きな私は、当然のごとく、イセエビも大好きです。

FullSizeRender

別途作っておいたイセエビのグラタンも鉄板の上で温めていきます。
これで役者がそろいましたね。

FullSizeRender

そして、皿の上に盛り付けられます。
この店の特長は、鉄板焼きといえども容器にもかなり拘っています。
しかも、ペアのお客の容器は同じでなく、色や形や模様などで分けて、より料理を楽しめるように工夫してくれています。
こういう配慮はうれしいですね。

先ほどの鮑は、食べやすいようにカットしてから、貝殻の中に戻して、自家製醤油で作ったバター醤油をかけて盛り付けてくれます。

イセエビや野菜との盛り付け方がいいですね。
彩もきれい・・・

イセエビのグラタンは、キノコとホワイトソースを混ぜ合わせて作られています。

IMG_6206

では、いただきます。

イセエビのホクホク感と海老の風味がたまらない。
幸せです。

アワビの肝も優しい味に仕上がっています。
とても食べやすいですね。。
アワビは、それほど好んで食べませんが・・・これだと食べたい!
やんわりと鮑に絡まったバター醤油の香りが心地よい。
美味さが違う・・・

グラタンも上品です。
結婚式でよくでてくる味と全然違いますね。
比較にならない・・・
ヘルシーながらも、旨味が口の中に広がっていく。

FullSizeRender

(お口直し)
空豆の冷たいポタージュです。
食べてみると・・・
めちゃくちゃふんわりしています。
まるで、ムースのようでした。
振りかけられたビーツ(赤いもの)とも合います。

IMG_6231

(最高級A5黒毛和牛ステーキ)
メインの登場です。
ミディアムレアに焼き上げてくれます。

FullSizeRender

片面やけたところで、ひっくりかえして反対側も焼きます。

FullSizeRender

とここで、網の上におき、しばらく寝かせます。
シェフに聞くと、肉の中で肉汁が沸騰しているの、少し落ち着かせているとか?
でも、結構な時間そのままねかせてましたよ。
炭火焼では、似た光景がありますが、鉄板焼きではここまで長いのは初めてかも?

FullSizeRender

さて、インバウンドの方が喜ぶ、鉄板焼きのメインイベントです。
ブランデーをかけて、一気に炎が・・・
これでこそ、鉄板焼き!
ブラボー!!

IMG_6254

シャトーブリアンのステーキが完成です。
美味そう!!

FullSizeRender

タレは、4種類です。
左から、泡醤油、ガーリック、岩塩、わさび。
もちろん、ステーキ自体にも胡椒をかけてくれているので、そのままでもいけます。
一口目は、肉自体の味を楽しむため、そのまま食べました。

超うまい!!
ミディアムレアーにして大正解でした。

FullSizeRender

次に選んだのは、泡醤油です。
泡の中に醤油の味がしっかりとしみついているので、お肉にうまくまとわりつきます。
美味い!

ガーリックを載せると、ガーリックとお肉の相性の良さを感じます。
適度なガーリックの食感と香りがいいですね。

私の一番のおススメは・・・泡醤油です。

FullSizeRender

(ガーリックライス)
何やら、おにぎりを焼き始めました。
ガーリックライスのおにぎりのようです。

FullSizeRender

お茶漬けセットで登場です。
まずは、焼きおにぎりだけで半分ほど食べます。
その後、お茶をいれ、塩昆布とワサビをのせて食べます。

FullSizeRender

焼きおにぎりの焦げ目とガーリックの香ばしさがたまらないです。
美味い!

FullSizeRender

その後、お茶漬けにして食べると・・・
和風味に変わります。
好みは分かれますが、両方を楽しむのがおススメです。
ひつまぶしの食べ方と一緒ですね。

FullSizeRender

(デザート)
マンゴーのパンナコッタです。
マンゴーを少し凍らせたシャリシャリ感と心地よかったです。

FullSizeRender

ご馳走さまでした。
いいお店でした。
結婚記念日のお祝いをご夫婦でされてたり、同僚でこられていたり、グループで個室を使われたりなど・・

立川の駅前の喧騒から離れて落ち着いて食事ができます。
しかも、駅からそれほどはなれていないので、いろんなシーンで活用できますね。
3月10日にオープンしたばかりのお店、立川の隠れ家的な雰囲気を維持したまま、こだわりのステーキ・・・楽しめます。

鉄板焼 grow 立川店鉄板焼き / 立川南駅立川駅立川北駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
秋葉原にやってきました。
JR総武線をおりて、昭和通り側にでます。
すぐ、右側エリアにあるお店が今回の目的地です。

1Fに日高屋・2Fにガストがあるビルの8Fになります。

IMG_5733

エレベーターで8Fに上がります。

IMG_5736

8Fにはお店が2軒ありますが、今回は奥側にある「秋葉原鉄板焼き Le Meurice(ル・ムーリス)」になります。

IMG_5738

店内に入ると、素敵なカウンター席です。
鉄板焼きは、目の前で料理を仕上げてくれるのがやはり醍醐味です。
楽しみです。

IMG_5740

壁には、バンクシャーの絵・・・
秋葉原の喧騒を忘れさせてくれます。
落ち着きますね。


IMG_5741

さあ、食べるぞ!
一気に食欲がわいてきました。


FullSizeRender

まずは、生ビールで乾杯です。
今回は男同士でやってきました。
乾杯!

IMG_5744

(オードブル4種)
・冷製ホワイトアスパラ
・新玉ねぎのブラマンジュ
・ホタルイカ タブナードソース
・黒毛和牛のビーフシチュー マッシュポテト添え

お皿への配置の仕方がきれいですね。
鉄板焼きのオードブルとは思えない、配置のさせかたです。
見ているだけでも満足です。
とはいえ、いざ実食です。

FullSizeRender

「黒毛和牛のビーフシチュー マッシュポテト添え」
優しいビーフシチューの味です。
マッシュポテトもよく合いますね。
美味い!


FullSizeRender

「冷製ホワイトアスパラ」
北海道産のホワイトアスパラにフレッシュトマト・・・
トマトの多少の酸味が心地よい。
胃腸を整えてくれるように感じます。


FullSizeRender

「新玉ねぎのブラマンジュ」
見た目は、新玉ねぎに全くみえません。
ブラマンジュをすくってみると、たまねぎのほのかな香りが・・・
いいですね。
キャビアともよく合いまいます。

FullSizeRender

「ホタルイカ タブナードソース」
ホタルイカをタブナードソースにつけて食べると、ヘルシー感たっぷりです。
オリーブともよく合いますね。
美味い!
ホタルイカが引き立ちました。
フレッシュな感覚・・・

FullSizeRender

(旬魚のカルパッチョ サラダ仕立て)
こちらのサラダも色合いがきれいですね。
旬魚と生タコがおいしい・・・
野菜のシャキシャキ感とトマトのジューシー感とがマッチングして楽しいです。
まわりにちりばまれた飛子、からすみ、サフランソース、バジルソースを適度に絡めると、よりおいしくなります。

FullSizeRender

ここまでみると、フランス料理の良さが取り入れられています。
シェフは、なんとフランス料理ご出身でした。
納得です。

1年前に店舗をリニュアールしてから来られていて、上手にフランス料理の良さを鉄板焼きの前菜などに取り入れられていると感じました。

本当に華やかです。
それに、お皿にもかなりこだわられています。
重みのあるお皿です。
5月になって、夏用に涼しさも演出してくれています。
料理の味の重厚さにもつながっているのかもしれません。


FullSizeRender

(旬の鮮魚の鉄板焼き)
魚はキングサーモンです。
エリンギ、ズッキーニ、おかひじき・・


FullSizeRender

目の前で焼いていきます。
焼いているときに、適度なジュージュー感が鉄板焼きのたまらないところです。
インバウンドの方が好まれるのもわかる気がします。

事実、インバウンドのお客さんを多く見受けました。
秋葉原でおいしい鉄板焼きが食べられるのも最高ですね。

FullSizeRender

キングサーモンの焼けた香りがたまらない・・・
早く食べたい気になります。

IMG_5765

お皿にきれいに盛り付けてくれます。

ソースは、バルサミコがかけられており、皿の手前に春キャベツのソースもあります。

FullSizeRender

キングサーモンは、そのままでも香ばしくてうまい。
もちろん、春キャベツソースと絡めてもうまいし、おかひじきと一緒でもおいしかった。
超ヘルシーだけど・・・
美味さを満喫できました。

FullSizeRender

(国産黒毛和牛ステーキ100g 、旬野菜3種のグリル)
写真の黒毛和牛は、二人前なので200gです。
さあ、メインイベントです。

FullSizeRender

野菜は、かぶ、新じゃが、丸茄子です。
いい感じに先に仕上げてくれました。
そして、肉の仕上げに入っていきます。

FullSizeRender

ワインをかけながら、豪快に焼いてくれます。
これぞ、鉄板焼きです。
インバウンドの方も喜びそう・・・
もちろん、日本人も大好きです。
鉄板焼きは、こうでなくっちゃ!

IMG_5813

見事に焼きあがりました。
カットしてくれて、更に盛ってくれます。

FullSizeRender

野菜のグリルとともにおいしそう・・・

FullSizeRender

焼き方は、ミディアムレアーにしてもらいました。
お肉の肉汁をみただけでもおいしそうです。

FullSizeRender

塩は、フランス産ゲランドソルト。
塩ももちろん、よく合います。

でも、一番のおすすめは、写真左側の自家製にんにく正油漬けです。

FullSizeRender

醤油がたっぷりなだけに、口の中でじわっと醤油が肉にからまっていくのですよ。
癖になる・・・

もちろん、シンプルに生わさびを載せても、醤油につけてもおいしいです。
めちゃ五感で料理を楽しめました。
美味い!

FullSizeRender

(ガーリックライス)
〆です。
ガーリックの香りもいいですね。

FullSizeRender

ただ、不思議に感じたのは、思ったほど普通のガーリックライスっぽい色になりません。
その訳は・・・
白い醤油を使っているからとのこと。

FullSizeRender

赤だし、漬物とともにいただきます。

FullSizeRender

間違いなくガーリックライスです。
見た目より、しっかりとガーリックと醤油味がでています。
お茶碗でも持ってくれているので、食べやすさと不思議な感覚になります。
でも、おいしいので、一気に完食しました。

FullSizeRender

最後は、自家製デザートです。
こちらも華やかです。
4種類のデザート満載です。

手前は、アメリカンチェリー・・・さっぱりしますね。
右はクリームブリュレ・・・焦がしたクリーム・・・
デザートもしっかりとフランス料理さを入れてくれています。
上は、グレープフルーツのデュレ、口の中がさっぱりします。
左は、ガトーショコラです。
アーモンドが載っているので、ナッツ好きのは私にとってはうれしい!

FullSizeRender

アイスコーヒーを飲みながら、ご馳走様でした。
本当においしかった。

IMG_5812

久しぶりの秋葉原でしたが、本当に来て良かったです。

秋葉原 鉄板焼き Le Meuriceステーキ / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
横浜駅にやってきました。
西口側にやってきて、左手に高島屋をみながら、右側にみえるMORE’Sの方向に行きます。
MORE’SとNEWoManの間の通りを抜けて、高速道路の高架下の橋を渡り、最初の路地を右に曲がります。

IMG_1629

すると、左手に5F建てのビルが見えます。
今回の目的地があるビルになります。

FullSizeRender

YT16 Bldg.
ちょっとおしゃれな感じがします。
エレベーターで5Fに上がります。


FullSizeRender


IMG_1630

ドアをあけて店内に入ると、素敵なオープンカウンター席が見えます。
小人数対応の席・・・いいですね。
今回、カウンター席の中央に座りました。


FullSizeRender

本日のメニューです。
いや、かなりのバリエーションの多さです。
これは楽しみ・・・
何と、久し振りの鉄板焼きです。
心が高鳴りますね。


FullSizeRender

マイコーナーです。
箸とナイフ・フォークの両方がおかれています。
箸おきがかわいい・・・

FullSizeRender

まずはさておき、友人と二人で乾杯。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

やはり、二人だと楽しいですね。

FullSizeRender

最初の料理です。

(鮮魚のタルタル キャビア添え)
鮮魚は、縞鯵でした。
ビネガーにキャビアの酸味が心地よい。
最中生地と縞鯵があいますね。
滅茶ヘルシーでサッパリです。

肉料理の前に工夫された肉割烹の料理の出方が素晴しいです。

FullSizeRender

本日のステーキで使うお肉を見せてくれました。
牛さんの置物との色合いも素敵です。
本日のお肉は、黒毛和牛のイチボになります。
楽しみ!

FullSizeRender

肉の塊をみていると・・・
食欲があふれてきますね。

FullSizeRender

(A5黒毛和牛 にぎり)
肩甲骨のお肉です。
タレの甘みが口の中でジュワッと広がっていきます。
金箔とネギで何とも色合いも綺麗ですね。
目と鼻と口の三方で料理を楽しむ・・・
一口で口に入れて味わえるので嬉しい!

FullSizeRender

(和牛 低温料理 瞬間燻製)
蓋をした瓶詰めが登場しました。
蓋をあけると、スモークがフワッと立ちこめ、香りとの調和が溜まらない。
サクラチップスが燻製しています。
口に肉を含めると・・・
バターのようなとろけ方・・・
低温調理、瞬間燻製ならでは味わいです。
通常の燻製のように、燻製くさい感じではないので、ほのかな香りがGoodです。

IMG_1652


目の前でお肉を焼いていく光景は楽しいですね。
鉄板焼きならではの醍醐味です。
外国の方が鉄板焼きを好むのもわかる気がします。


FullSizeRender

一方では、伊勢海老も見えます。
海老好きな私なので、海老も気になりますね。


IMG_1658

(鮑と季節野菜のポタージュ)
根セロリに煮込んだ鮑・・・
コーヒーカップ風の器もいい!
スプーンですくうと、大振りの鮑が・・・
美味しい!

FullSizeRender

(花咲ミノの湯引き 大根の浅漬け)
大葉のポン酢、大根の浅漬けのおろしともよく合います。
ミノとは思えないとてもヘルシーな味わいです。
大人の味わいといった所ですね。

FullSizeRender

(和牛しゃぶしゃぶ)
赤身のお肉に牛タンのコンソメスープに浸っています。
まさに、しゃぶしゃぶのようです。
食べてみると・・・
とろけそう・・・
美味い!

FullSizeRender

ここで、ドリンクは知覧にっぽん紅茶ハイにしました。
鹿児島の知覧茶を使った紅茶ハイ・・・
独特の味わいで良かったです。
おもわず、おかわりをしました。

FullSizeRender

(和牛煮込ハンバーグ オープンサンド)
煮込ハンバーグにレタス、チーズを載せて炙っていきます。

FullSizeRender

更に、違うチーズを削ってかけていきます。
実に手の込んだサンドです。

FullSizeRender

オープンサンドなので、パンで挟まずに食べます。
チーズもパンもとろけそう・・・
美味しい以外に言葉見つからない・・・
いやいや、これは贅沢な逸品でした。
美味い!

FullSizeRender

(伊勢海老の鉄板焼き)
エビちゃんの登場です。
本当に黄金色で焼きあがっています。
みるだけで美味しそうですね。

FullSizeRender

2種類のソースで味わいます。
最初にそのままで食べましたが、十分にうまい。
香ばしさがたまらない。
右側のアメリケーヌ・・・魚介類の味で海老の味が引き立ちますね。
予想外の味変です。

ジャガイモベースも美味しい。

FullSizeRender

料理事にナイフとフォークを取り替えてくれるのは有り難いです。
こういう配慮でお店の姿勢がわかりますね。

さあ、肉の仕上げです。
演出効果もたっぷり・・・
鉄板焼きの目で味わう醍醐味です。

FullSizeRender

(最高級黒毛和牛 ステーキ)
イチボ・・・
見るからに美味そうです。

IMG_1689

塩、わさび、生の胡椒で味わいます。

FullSizeRender

塩も美味しいし、ワサビも合う・・・
生の胡椒も合うし、ワサビと両方をつけても合います。
肉がいいから、要は何でもあうということです。
三者三様の味わい深さ・・・
本当に美味い!
鉄板焼でのステーキ・・・
やはり感動物です。
来て良かった・・・
幸せ!

FullSizeRender

(〆のガーリックライス)
鉄板焼きの〆は、ガーリックライスで決まりですね。
ご飯の量は普通にしてもらいました。
多めも少なめも対応可能です。

FullSizeRender

トリュフ玉子ソース、伊勢海老の味噌汁との三点セットです。

FullSizeRender

まずは、ガーリックライスだけで食べます。
ガーリックの風味とお米の香ばしさが美味い。

FullSizeRender

FullSizeRender

トリュフ玉子ソースをかけます。
ユッケでの味変にもなる・・・
濃厚さが際立ち・・・美味!
ご飯を多めにしなかったことを少し後悔・・・

FullSizeRender

デザートは、季節フルーツのパンナコッタ。
本日のフルーツは、みかんでした。

FullSizeRender

久し振りの鉄板焼き・・・
本当に美味しかったです。
こちらの鉄板焼きはヘルシーなので、女性を連れてくると喜ばれそうだし、女子会にも最適だと思います。
ご馳走様でした。

鉄板焼きWAGYU LIVERARY鉄板焼き / 横浜駅神奈川駅反町駅
夜総合点★★★★ 4.2

↑このページのトップヘ