おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteでいろんな記事を連載中
 『イッチャンのnote』
 フォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/

2)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

焼肉

5
横浜にやってきました。
西口側になります。

以前も来たことがあるエリア・・
今回は、リッチモンドホテル横浜駅前のとなりのビル「SeaPlaze横浜」の3Fになります。

IMG_1966

エレベータで、3Fに上がります。

FullSizeRender

おしゃれな雰囲気の表札です。


IMG_1968

店内の入口も隠れ家的です。
秘密の扉をあけるようで・・・楽しみです。


IMG_1967

店内の作りもシックです。
完全個室オンリーです。

IMG_1970

各部屋に名前がついているのと、名前のライトアップの仕方がいいですね。

IMG_1971

個室の1室です。
2名席の完全個室・・・
まさに、デートにぴったりのお店です。

IMG_1969

個室には、クローゼットがついてます。
これはうれしい作りですね。
焼肉の臭いが服に付着するのを防いでくれます。
バックや手荷物もいれられるので有り難い。

IMG_1973

なんと、スマホ充電用のケーブルが用意されています。
ちょうどiPhoneを充電したいと思っていたので、嬉しい。

IMG_1975

今回は、15日8,800円のコースです。
飲み放題を別途つけています。

では、男二人・・・生ビールで乾杯です!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

IMG_1977

最初にでてきたのは、ユッケ丼です。
最初に丼がでてくるのは初めです。
でも、ユッケにご飯がついていると思えば、これはこれでありですね。
シソが入っているのも特徴です。

FullSizeRender

玉子をからませて・・・
さあ、いただきます。
美味い!

しその食感とユッケの絡まり方がいいですね。
ご飯にも合いますね。
最初の丼を食べるのも、ありです。


FullSizeRender

「熟成牛タンの3種盛り合わせ」です。
タンの根本、真ん中、先側の3種です。
タンの場所によっての違いを味わう・・・
このパターンは初めてですね。

まさに、女性を意識した配慮だと思います。
タンを好きな女性は多いですからね。


FullSizeRender

まずは根本から焼いていきます。
IMG_1985

裏返して、ネギを載せてみました。
これは、連れのアイディアです。
ネギを載せると、よりヘルシーに感じますね。
美味い!

IMG_1987

真ん中、先側と食べ進めました。
感想としては、先側の方が予想に反してシャキシャキ感がありました。
タンの部位の場所の食べ比べ・・いいですね。
女性を連れていってあげると、きっと喜ばれますね。

「ナムル・キムチの盛り合わせ」
ヤングコーンとオクラの焼いたものがナムルとして登場したのはユニークでした。
ヤングコーン・・・いい!

FullSizeRender

後ほど使う、牛鍋用の肉/豆腐などです。
横浜は、牛鍋が有名です。
今回は、ITADAKI風で登場する予定です。
楽しみ!

FullSizeRender

牛タンの塩煮込みです。
スープよりも、牛タンが主役です。
しかも、とろとろに煮込んでいるのと、スープの味がしみこんでいるので、これは絶品でした。
美味い!
牛タンを楽しんだ後、スープも飲み干す・・・
肌寒くなったシーズンには、最高の逸品です。

FullSizeRender

「塩 2種盛り合わせ」です。
本日の2種は、ランプとザブトンです。
ああ・・・見るからに美味そう!

FullSizeRender

ランプから焼いていきます。

FullSizeRender

最初は、そのまま食べてみました。
そのままでも美味い!

タレやわさびでも食べてみました。
どれでも美味いですね。

サブトンのサシのとろけ方もたまりません。
ワサビを肉に載せると、これがまた美味です。

FullSizeRender

「タレ 3種盛り合わせ」です。
イチボ、ハラミ、リブロース・・・
どれもこれも大好きな部位です。

IMG_2004

イチボから焼き始めました。
もう説明はいらないですね。
美味いものは美味い!

FullSizeRender

次にハラミ・・・
赤身のハラミもやはり王道ですよね。
日本人はハラミが好きですよね。
私ももちろん、ハラミ好きです。

そして、最後はリブロース・・・
この脂のとろけ方が溜まりませんね。
最後にリブロースを廻したのは、大正解でした。
美味い!

そして、先程の材料を使った牛鍋が登場しました。
調理してくれたものを、焼肉用のコンロで仕上げます。

FullSizeRender

角張ったお肉が、横浜の牛鍋を感じさせてくれます。
焼豆腐も美味しいです。
黄身ともよく合いますね。

IMG_2018

〆は、冷麺です。
適度な量なので、つるつるっといけました。
キムチが入ってるのも嬉しい!

FullSizeRender

デザートは、5種類の中から選べます。
ティラミスのココア、抹茶アイス、バニラアイス、ビスタチオアイス、柚子シャーベット。
私は、ビスタチオアイスを選び、連れはティラミスのココアを選びました。

私が頼んだビスタチオアイス・・・
ナッツのビスタチオが大好きなので、そのビスタチオがアイスの中にも入っており、食感が楽しい。
もちろん、ビスタチオ味のアイスも最高でした。
やはり、良い焼肉屋さんは、デザートも美味いです。

FullSizeRender

FullSizeRender

いつしか、お腹一杯になりました。
飲み放題をつけたので、生ビールの他に、ハイボールも楽しみました。
満足、満足。
デートだけでなく、女子二人でもいいですね。
もちろん、私達のように男二人でもOKです。

個室で、コロナ禍でも安心して焼肉を楽しめるのは最高ですね。
ご馳走様でした。

完全個室焼肉ITADAKI 横浜駅前焼肉 / 横浜駅神奈川駅反町駅
夜総合点★★★★ 4.2

5
知人が見つけた店に急遽行ってみることになりました。
生憎の雨模様の日でしたが、店内は混み合っていました。
これは席をキープしないとまずいなと思い、丁度空いていた1テーブルをキープしました。

IMG_3933

京都肉という東京では馴染みがなかったのですが、後日京都に行くと、京都肉は関西ではレベルが高いブランドだということでした。

そして、ここの名物がホソ・・・
登場してみると、白ホルモンのような、ぷよぷよしているものでした。

FullSizeRender

焼くと、予想より脂でジュージューいう感じではありませんでした。

FullSizeRender

専用のタレで食べます。
焼肉のタレというよりも、そうめんなどを食べるつゆのような感じです。
独特の食感・・・
好き嫌いが分れそうな部位でした。
私的には、また食べたいという感じではなかったです。

FullSizeRender

次に赤身です。
多分ハラミを頼んだような・・・

FullSizeRender

そして、上タンも登場しました。
さあ、どんどん焼いて食べるぞの流れになりました。

FullSizeRender

口直しにキムチも頼みました。
キムチを頼むとご飯を食べたくなりますよね。

FullSizeRender

ホルモンミックスを注文しました。
白ホルモンと赤ホルモンとセンマイのようなものが混載されています。
塩でもいいけど、タレもいいですね。
九州出身としては、ホルモンも焼肉の中で食べたくなりますね。

FullSizeRender

春野菜が旬だという店員さんのオススメで注文しました。
大ぶりの葉っぱとして出てきましたが、味噌につけて食べると美味い。
野菜ほんらいの甘みたっぷりでした。
これは正解でした。

FullSizeRender

どんどん焼いていきます。
赤身を最後は集中して食べました。
天肉、上サガリなど・・・

IMG_3962

IMG_3966

焼肉は深く考えず、どんどん焼いて、どんどん食べるが美味いですね。
途中から記録するのを忘れる位に楽しく食べるのが一番だと思います。

IMG_3967

満足、満足・・・
ご馳走さまでした。

アジェ 有楽町店焼肉 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

5
1月以来の立川です。
今回も焼肉を食べるためにやってきました。
目指すは、立川駅南側エリアです。
駅直結の高架歩道を歩いていると、すぐに目立つ黄色の看板を発見。

目の前に高架歩道の2Fから1Fへ降りられるエスカレーターがあります。
それに乗って降りると、店舗入口は目の前です。

アクセスがとても便利ですね。

IMG_6061

ビルのテナント案内で、2Fにあることを確認してエレベーターへ乗り込みます。
エレベーターを降りると店内直通でした。

IMG_6063

開放感がある焼肉屋さんです。
店内の一番奥にカウンター席エリアがあります。
カップル席として・・・
一人でも使い勝手がいいですね。

FullSizeRender

店内の横側や手前側に2~4名のテーブル席が配置されています。

FullSizeRender

ここの飲み物の名物といえば、『蛇口レモンサワー』です。
飲む方は、必読です。
アルコール度は8%なので、通常のサワーより効いてきますよ

FullSizeRender

では、タブレットで生ビールを注文した後、男二人で乾杯です。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )


IMG_6077

さあ、焼肉を食うぞ!
今日は食べる気満々です。
コスパが良いからこそ成せる技です。
嬉しい限りです。

本日の最初の肉は・・・
『ハラミ』にしました。
ハラミ好きな私としては、至極当たり前の流れです。


FullSizeRender

一気にかけて、どんどん焼いていきます。
定番のハラミ・・・
やはり、美味い!
ハラミを食べているときは、幸せ感を感じます。


IMG_6083

次はどうするか?
少し変化球を入れることにしました。
こちらのお店では、ホルモンも美味しいです。
そこで、アカミックスにしてみました。

肉が登場しても、ホルモンに見えない・・
いつも見慣れたホルモンは白なので・・・


FullSizeRender

でも、網に並べてみると、間違いなくホルモンです。
白とは違った美味しさですね。
目をつぶって食べると多分普通の肉にしか思えないと思います。
ホルモンであり、そうでないような美味しさです。
良い加減に焼けていけますので、食べるペースが速くなります。


FullSizeRender

次も少し変化球を入れてみました。
『せせり』と『ハラミ付きナンコツ』です。
両方とも鶏肉です。

IMG_6086

ハラミ付ナンコツは、大正解です。
コリコリ感と肉の調和が食べていて心地よいです。
オススメの一品です。
鶏好きにはたまらないかも?

IMG_6094

せせりは、カラアゲニストとしては唐揚げで食べることがあります。
焼肉だとどうなのか?

美味い!
牛肉~豚肉~鶏肉とバランスよい焼肉タイムになっています。

FullSizeRender

さて、適度にお腹が膨れたところで『蛇口レモンサワー』タイムに入ります。
時間は60分・・・500円。
コスパがいい。

それと味変用のシロップを2種類選べます。
(各テーブルで2種類です)
期間限定おたのしみ、はちみつレモン、ラムネ、うめしそ、ゆずみつ、マンゴーの中から選択します。
はちみつレモンとゆずみつをチョイスしました。

FullSizeRender

お馴染みのレモンサワーが注げる蛇口です。
しあがったレモンサワーが注がれるので、めちゃ楽です。
氷は、セルフサービスです。

IMG_6153

そして、完成。
まずは、そのままで頂きます。
美味い!
何だか普通のレモンサワーより美味しく感じるのは、私だけだろうか?

IMG_6106

ここから、メインどころを食べていきます。
まず、はずせないのが『たけ田カルビ』です。
大人気の店名を冠にしたカルビです。
何といっても肉厚です。

FullSizeRender

肉厚の感じは、網にかけるとよくわかります。
一気に焼き上げるので、旨みも逃げない・・・
美味い!
癖になる味・・・
また、食べたくなる恋しい味ですね。


FullSizeRender

『上ハラミ』です。
最初にハラミを食べて、途中で上ハラミを食べれること・・・
幸せです。
贅沢ですね。
でもコスパがいいので、財布に優しい・・・


FullSizeRender

ワン、キャン・・・
たまらない美味しさです。
食欲の勢いが止まらなくなった。


FullSizeRender

『上カルビ』です。
ここまで来ると言葉がいらなくなりました。
ひたすら食べて飲むだけ・・

FullSizeRender

最高ですね。
幸せ・・・

IMG_6123

『上ロース』です。
脂のノリがいいですね。
柔らかいロース・・・とろけそうです。

FullSizeRender

FullSizeRender

そして、『サーロインのすき焼き』です。
今や焼肉屋の定番になりました。

IMG_6135

さっと焼いて、黄身に混ぜて食べる・・・
このうえない美味しさです。

IMG_6143

普段ならサーロインで最後なのですが、もう一品気になる部位を頼むことにしました。
『かしら』です。
とてもやわらかいですね。
シメとしては、さっぱり感があってGOODでした。

FullSizeRender

FullSizeRender

デザートとして、桔梗入り黒蜜バニラアイスを頼んでみました。
焼肉屋さんのデザートは、意外と美味しいのです。
期待どおりの美味しさです。
甘い物は別腹・・・

FullSizeRender

たけ田さんは、北口店に続いて二度目でしたが良いですね。
駅からの距離感もいい。
コスパがよくて、美味しい。
また、来たいと思いました。

焼肉ホルモンたけ田 立川南口店焼肉 / 立川駅立川南駅立川北駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

5
日本橋の三越の近くにあるコレドにやってきました。
コレドにはいろんなビルがあり、楽しめる空間になっています。
そんな中の一つである「室町テラス」にやってきました。

目指すは、「東京焼肉一頭や」です。

和牛焼肉平城苑が手がけた新コンセプトのお店です。
とても楽しみです。

IMG_3361

店舗前にやってきました。
看板を見ると、肉を食べる意識が高まってきます。
店内に入ります。

IMG_3363

IMG_3366

とても焼肉店とは思えない雰囲気です。

IMG_3368

フレンチ料理かBARと勘違いするようなラグジュアリーな空間です。

IMG_3369

インテリアも高級感が漂っていますね。
正直なところ、これほどのしゃれた空間で焼肉を食べるのは初めてです。
益々、楽しみになってきました。

IMG_3379

布エプロンとマスクケースが置かれています。
テーブル席はホテルのラウンジのイメージですね。
カウンター席も雰囲気抜群でした。

IMG_3371

では、まずはエビス生で一人乾杯です。
( ^_^)/□

FullSizeRender

メニューを開いてみました。
お店のコンセプトとして、『松阪牛』を気軽に楽しむがあるので、やはり松阪牛から頼むしかないですね。
昨年11月に松阪市に行く機会がありましたが、食べ損ねていたので決まりです。
『松阪赤身三種』

霜降りのイメージが強い松阪牛ですが、赤身だとどうなのだろうか?
登場しました。

わん、見るからに美味そうです。
赤身、ランプ、まくら・・・

IMG_3381

まずは赤身から焼いていきます。
両面を焼いて、用意された塩につけて食べます。

流石に松阪・・・
美味い!
赤身は、松阪牛の霜降りの印象と違い、多少の歯ごたえがあっていいですね。
元々赤身が好きなので、私にはあっているお肉です。

FullSizeRender

ランプにいきます。
こちらは、松阪らしい・・・
とろける感じです。
やはりこれぞ松阪ですね。

FullSizeRender

松阪牛のまくらは初めてです。
松阪らしさを感じるものの、食べた感じは少し舌触りが独特な感じも受けました。

三種三様の感じではありましたが、結論としては・・・美味い!
お肉を食べている幸せを満喫できました。

FullSizeRender

続いては、一旦松阪牛を離れて、国産和牛(A5ランク)の特ハラミ塩を頂くことにしました。
店員さんがすかさず網を交換してくれました。
こういうところがさりげないけど、有り難いですね。
定員さんの初々しさもあって良かった。

FullSizeRender

では、実食です。
ハラミはタレで食べる機会が多かったですが、塩もいいですね。
じっくりと焼いていきます。

FullSizeRender

わさびを溶かして、醤油につけて食べます。
とてもヘルシー・・・
ハラミらしい、お肉そのものを感じる食べ応えもスキ!
満足度が高いですね。

FullSizeRender

ここで、折角なので赤ワインを注文することにしました。
『ビコーズグルナッシュ』

スッキリした味わいです。
お肉にもあっています。

IMG_3419

再び、松阪牛をと思い、「松阪牛にくすき」を注文しようとしましたが・・・
売り切れでした。
気を取り直して、『上ロースにくすき』にしました。

FullSizeRender

焼きは、店員さんがやってくれました。
すき焼きにするロースは焼き加減がありますから、対応してくれた方が手堅いです。

FullSizeRender

とてもおいしく焼き上がりました。
では、頂きます。

FullSizeRender

黄身だけの玉子を溶かします。

FullSizeRender

ロースを玉子に絡めて頂きます。
美味い!
贅沢な美味しさです。
すき焼きで食べるとご飯が食べたくなりますね。
ご飯の上に載せるとより美味しいのは間違いないです。

FullSizeRender

そこで、ご飯ではなく、『焼きビビンバ』を注文しました。
こちらも定員さんが対応してくれます。
目の前でかき混ぜている光景をみていると、適度な辛みの臭いで食欲が増強されますよね。
ガンガン食べれそうです。

IMG_3437

そして、完成です。
見るからに美味そう・・・

FullSizeRender

頂きます。
ご飯が香ばしい・・・
おこげも最高です。
満足・・・

FullSizeRender

本当は、この後に気になっていた『抹茶パフェ』を食べるつもりでしたが・・・
流石にお腹一杯になったので断念しました。

それにしても良いお店でした。
接待だけでなく、女子会や気軽に気のおける仲間と焼肉に適したお店です。
落ち着いた空間での食事なら、今のコロナ禍の中でも安心です。

東京焼肉 一頭や コレド室町テラス店焼肉 / 新日本橋駅三越前駅神田駅
夜総合点★★★★ 4.0

5
神楽坂・・・いい所ですね。
神楽坂下の交差点から坂を上ります。
途中で右にそれて、更に左へ・・・
すると、素敵な裏路地が待っています。

神楽坂らしい風景ですね。
心が躍ってきます。

すると、看板の明かりが見えました。
『牛ます』
本日の目的地です。

IMG_2674

見るからに新しいお店です。
だからといった裏路地にある風情ある空間に違和感を与えていませんね。

IMG_2675

入口にある提灯も素敵です。
中に入ります。

IMG_2677

個室に案内されました。
一人ではもったいない素敵なお部屋です。
座ってみると、居心地がいいですね。

IMG_2679

マスク入れ、ミニお手拭き、そして炭火焼肉の拘りが書かれた説明がおかれています。
とても楽しみです。

IMG_2680

最初なんだろうか?と思いましたが、この上に炭火が入った容器が置かれるのですね。
こちらは耐熱材としてのコルクでした。

FullSizeRender

まずは、一人生ビールで乾杯です。
( ^_^)/□

美味い!

FullSizeRender

本日は、大変お得そうな『おきまりコース』を予約注文しました。

キムチとナムルの5種盛りからスタートです。
それぞれの器が可愛くて、重箱の中にきれい納められています。
これから春を迎える季節感を感じさせてくれます。
前菜の中にプチトマトを調理したものがありますが、こちらもユニークです。
穏やかな味わいでした。

FullSizeRender

サラダは、きのこです。
ありそうでなさそうなサラダです。
とてもヘルシー・・・
やや温めたタレがかっています。
焼肉の前にヘルシーな感覚で胃腸を整える・・そんな感じがします。
いざ、焼肉へGO!

FullSizeRender

炭火がでてきました。
素敵な容器の中にいれられています。
コンロのようで、コンロでない華やかさがあります。
店員さんが、網に脂を塗ってくれます。
こういう心配りに感謝!

FullSizeRender

タレは2種類です。
別にワサビや塩も用意されています。

FullSizeRender

こちらの名物は、雪降り和牛です。
最初霜降りの間違い?と思ってしまいますが、実は違います。

ここは、頂いたパンフレットよりそのまま引用します。

「日本三雪(三大豪雪地帯)のひとつ、山形県尾花沢市。ここで育てられる和牛は、厳しい冬の寒さから身を守るため、自然に上質な脂を身につけていきます。サシはきめ細かく、口どけはフワッと軽やか。粉雪のようです。また、尾花沢市は生産者を挙げて未経産のメス牛にこだわっています。その肉質はやわらかく、旨味も豊かです。脂とのバランスにも優れ、多くの料理人から高い評価を得ています。山形県産黒毛和牛の中でも、極上の逸品のみが「雪降り和牛」と呼ばれる資格を持ちます。」

私が下手に文章を書くよりも的を得た説明だと思いました。

FullSizeRender

上タンとレバーは黒毛和牛ですが、ランプが雪降り和牛です。
食べ比べていきます。

FullSizeRender

上タンからスタートします。
適度な噛み応えが美味しい!
焼肉のスタートは、必ずタンから入ることが多い私です。

FullSizeRender

FullSizeRender

レバーは、塩かタレのどちらにしますか?と聞かれたので、塩にしました。
レバーじゃないような穏やかな風味、癖がなく食べやすいです。
レバーが苦手な方でもいけそうな感じです。

FullSizeRender

FullSizeRender

そして、雪降り和牛のランプです。
肉が引き締まっていますね。
豪雪地帯で育った力強さを感じます。
美味い!
美味い!

FullSizeRender

FullSizeRender

雪降り和牛が3種類登場しました。
『上カルビ、上ハラミ、特撰モモ』

FullSizeRender

まずは、上カルビから頂きます。
上品な味わいと噛み応え・・・
あふれる肉汁が優しい!
2つのどちらのタレでも美味しいですね。
こうなると、美味しいしかでなくなる・・・

FullSizeRender

FullSizeRender

好きな上ハラミです。
更に肉汁があふれ出て溜まらないですね。
口の中が幸せで一杯になりそうです。
タレとハラミはよく合いますね。

FullSizeRender

IMG_2725

最後に特撰モモです。
ひたすら美味い!
引き締まった味です。
赤身好きにはたまらない。
サシのバランスがいい。
美味い!
美味い!
美味い!

FullSizeRender

ここまで美味いと連れがいたら、まちがいなく雪降り和牛の追加です。
一人なので、ここは我慢しました。
追加したかった・・・

FullSizeRender

シメは、冷麺かビビンバが選択できます。
私はビビンバを選択しました。

スプーンで全体を混ぜ合わせてから食べました。
そうするとご飯全体に適度な唐辛子の辛みが広がって、余計に美味く感じます。

FullSizeRender

デザートは、消える杏仁豆腐かバニラアイスを選択できます。
これは、『消える杏仁豆腐』に興味が行きますよね。
どんなの?

そして登場しました。
なにやら塩がまぶされています。

FullSizeRender

食べ進めるとクリームの下にババロア風?なものが入っています。
まさに、スイーツですね。
お鮨屋さんの卵みたいなものです。

口に入れていくととろけていく感じです・・・
なるほど!
普通の杏仁豆腐がとろけてババロア風になったと言うことでしょう。
本当の応えは、お店の人には聞きませんでした。
個々人の解釈でいいではないかと思います。
人に押しつけるのはよくないですよね。

私なりの答えです。
甘さは、程良い感じでした。
上に塩がふりかけられているので、優しい甘さになるのかもしれません。

一度、食べてみることをオススメします。

FullSizeRender

最後にほうじ茶を飲みながら、満足感を味わいました。

お店の方に見送られながら、神楽坂を後にしました。

炭火焼肉 神楽坂 牛ます焼肉 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
夜総合点★★★★ 4.2

↑このページのトップヘ