おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteでいろんな記事を連載中
 『イッチャンのnote』
 フォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/

2)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

焼肉

5
日本橋にやってきました。
髙島屋横(京橋より)の路地を歩きます。
すると、右少し奥に目的地のビルがあります。

IMG_1385

店舗入口より階段で地下に降ります。

IMG_1386

店舗入口のドアにたどり着きます。
シックな趣きがいいですね。

IMG_1389

店内に入ります。

テーブル席やカーテンで仕切る個室があります。

FullSizeRender

本日は個室の一角に案内されました。
シャンデリア風でいいですね。
落ち着きます。

FullSizeRender

本日は、神のコースである「KIWAMI」を頂きます。
内容もバリエーションに富んでおり、とても楽しみです。

FullSizeRender

では乾杯!
焼肉は、連れが一緒だとうれしいですね。
焼肉は会話をしながら楽しむ・・・
食が進みます。

FullSizeRender

【前菜】
牛バラ肉のトマト煮込みです。
う~ん、美味しい!
トマト嫌いでもいけそうです。
とても食べやすいですね。

FullSizeRender

食べた後の器の底面の赤がいいですね。
こういうさりげないこだわりが好きです。

FullSizeRender

【和牛のお造り】
お肉はA5ランクを使用しています。
お造りはイチボになります。

FullSizeRender

お醤油につけて食べると・・・
実にヘルシー!
美味い!!

FullSizeRender

【ザブトンの大名握り】
ここで肉寿司です。
イチボの次はザブトンの部位・・・
中々たまりませんね。
肉好きには嬉しい!
一口でいきました。
しっかりと味もついています。
美味い!

FullSizeRender

【特選ユッケ】
こちらも味がしっかりとついています。
適度な歯ごたえがあり、噛むごとに口の中で甘味が広がっていきます。
こういうおつまみ的な感覚もいいですね。

FullSizeRender

【宝石丼】
蓋をあけてみると・・・
綺麗!
中央のイクラと金箔も映えますね。
食べてみると、食感がいい。
中にたくわんも入っています。
肉の旨味と相まって、見た目だけでじゃなく、料理としても楽しめます。
これは、いいですね。

FullSizeRender

【キムチ】
キュウリや大根、白菜の3つが適量で盛られています。
必要に応じて、肉の合間に頂きました。

FullSizeRender

【サラダ】
ドレッシングがきつくなく、素材そのものの味が楽しめます。
さっぱりながらもシンプルなサラダは、焼肉にはピッタリです。

FullSizeRender

【神のタン瞬間燻製】
煙が充満された容器が出てきました。
瞬間燻製したものです。
蓋をあけると、もわっと燻製の良い香りがでてきます。
タンの下には、刻まれたネギがたっぷり置かれています。

FullSizeRender

塩コショウされたタンの両面を焼いてから・・・

FullSizeRender

ネギをたっぷり載せて頂きます。
お好みでレモンを絞れば、よりヘルシーです。
レモンをかけなくても、このままでも十分に美味しいです。
ヘルシー!

FullSizeRender

【ホルモン3種】
ツラミ、ハツ、シマチョウの3種です。
最初にツラミを焼きました。

FullSizeRender

ツラミは、塩コショウが合いますね。
食感もいい!

FullSizeRender

ハツも食べやすい、手ごろな食感です。
上品な感じです。

シマチョウは脂分が少なくヘルシーでした。
普段よく食べるシマチョウは水分がたっぷりなものが多かったので、余計にさっぱりした感じでした。
シマチョウとは思えない不思議な感覚がいいですね。

FullSizeRender

【サーロイン焼きすき】
見た目からして、美味しそうですね。
霜降りの状態がたまらない・・・

FullSizeRender

卵の黄身も濃厚なのが、見た目だけでわかります。

FullSizeRender

ここまで自分で焼いてきましたが、サーロインはスタッフさんが焼いてくれます。
自分で焼くと、ついつい焼きすぎてしまいがちです。
ここは、慣れた方に任せるのが無難です。

IMG_1435

黄身の横においてくれた焼きあがったサーロインを、黄身に絡めていきます。

FullSizeRender

では、いただきます。
美味しい!
至福のひと時です。

FullSizeRender

【神のシャトーブリアン】
美味しそう・・・
しかも厚切りです。
塩コショウもされています。

FullSizeRender

では、焼いていきます。
シャトーブリアンにしては、思ったほど脂分が落ちないのでいい。

FullSizeRender

口の中に入れると・・・柔らかい・・・
シャトーブリアンらしいおいしさです。
でも、やはり脂分が少なくとてもヘルシーです。
とても、よいシャトーブリアンでした。

FullSizeRender

【和牛デニッシュバーガー】
ここで変化球です。
パンの間には、ハンバーグが入っていました。
これは意外ですね。
ピンをはずして、食べます。

FullSizeRender

連れが手にとったバーガーをみると、改めてハンバーグたっぷりの分厚さを感じます。
ガブリと被りつきます。
ハンバーグの旨味とパンとの相性が抜群ですね。
美味しい!

FullSizeRender

生ビールを2杯飲んだ後、知多ハイボールに変えました。
ハイボールと焼肉も合いますね。

FullSizeRender

【神のハラミ】
赤身のイメージが強いハラミですが、今回は適度に霜降りがかったところでした。
結構厚いので、よく焼いた方がいいかもしれません。

FullSizeRender

私は、さらっと焼く方なので、多少噛み応えが残りました。
焼き方は好き好きですね。

FullSizeRender

【〆料理】
〆は冷麺でした。
焼肉の後に、さっぱりしていいですね。
今回は、沢山部位がでてきましたの、冷麺がピッタリでした。
石焼ビビンバだと最後の一押しが苦しかったかも?

FullSizeRender

冷麺は何といってもツルツル感がいいですね。
連れは、スープを全部飲み干しています。
滅茶美味しかったようです。

FullSizeRender

【デザート】
数種類の中から選べます。
私は、杏仁豆腐にしました。
コーヒーカップに入った杏仁豆腐がかわいい。
デザート風味の杏仁豆腐で美味しかった。

FullSizeRender

連れは、バナナアイスをチョイスしました。
バナナアイスは普段は、まず食べませんが、口に入れると後からバナナの風味がじわっと口の中に広がる感覚がいいですね。

FullSizeRender

いつのまにやら、お客さんが一杯でした。
隠れ家的なのでデートでも女子会でもよさそうです。
もちろん、ビジネスシーンでも使えますね。

神シリーズの肉・・・
どういう意味かは、行かれた時にでも確認してみて下さい。
ご馳走様でした。

焼肉ダイニング GROW焼肉 / 日本橋駅京橋駅宝町駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
銀座7丁目にやってきました。
ビルのテナント案内をみると、さしづめグルメスポットの集合体です。

今回は、8Fにある「にく崎」に行きます。

IMG_0943

エレベータを降りると看板がないドアがありました。
銀座の隠れ家ですね。
すると、ドアが開きました。
女性スタッフさんがお出迎えしてくれました。

IMG_0944

カウンター席が中々しゃれていますね。
ムード満点です。


IMG_0945

カーテンで仕切る半個室タイプのエリアが沢山あります。
その一画の席に案内されました。


IMG_0948

今回は一人になります。
一人乾杯用に生ビールを注文しました。

中々、面白いグラスで登場しました。
ビールの濃厚さがはっきりわかります。
店の雰囲気にもあっている気がしました。


FullSizeRender

本日は、「頂きコース」になります。

◆とろとろ和牛煮卵
煮卵の上に牛ユッケが載せられています。
お好みでわさびとともに頂けます。
私は、このままの状態で口に運んで頂きました。

煮卵は、やや固めに仕上げっており、ユッケの柔らかさと相反した関係が心地いい。


FullSizeRender

◆季節のユッケチラシ
このタイミングチラシ寿司とはユニークですね。
6種類の野菜が載ったチラシ寿司です。
紫大根、蓮根など色合いがいいですね。
野菜たっぷりでとってもヘルシーです。


FullSizeRender

野菜の下にある牛の時雨煮?の主張がいい。
胡麻の風味もアクセントになっています。
食感も楽しい。
酢飯の酢の度合いも丁度良かったです。


FullSizeRender

◆白菜キムチ
美味しいキムチでした。
料理の要所要所で都度食べました。
私は、白菜キムチが一番好きですね。


FullSizeRender

◆胡麻油香るにく崎サラダ
プチトマトやカイワレ大根、キュウリなど・・・
ドレッシングは胡麻油だけなので、野菜の旨味が楽しめます。
ドレッシングに慣れた方には、最初は抵抗がややあるかもしれませんが、食べていくうちにドレッシングの主張がない良さがわかってくるような気がします。
胡麻油のあっさり感がいいね。


FullSizeRender

ここから、焼肉のお肉登場です。
◆熟成タン2種と和牛ハラミの盛合せ(塩)
まずは、一緒に添えられているレバーから焼き始めました。
芝浦・神谷商店仕入れの「神のレバー」です。

見るからにレバーの色艶がいいですね。

FullSizeRender




FullSizeRender

よく焼いて頂きました。
レバーのシャリシャリ感がいい。
レバーの旨味が凝縮されている感じです。
いいレバーだということがよくわかります。
レバーが苦手な方でも大丈夫そうです。


FullSizeRender


FullSizeRender

タンは塩コショウで味付けがされており、まずはそのままで食べました。
その次にレモンをかけての味変・・・
レモンをかけた方が私の好みでした。
やや固めで、歯ごたえがするお肉です。

2種類目のタンは、塩をつけて食べました。
こちらも歯ごたえがあるお肉です。

FullSizeRender


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

大好きなハラミです。
タレのハラミをよく食べますが、塩も好きです。
わさびを載せて、そのままでもいいのですが、ついついて特製タレにつけてみました。
これはこれで中々良かった。
食べ方も自分なりの創意工夫も大事ですね。
新感覚の味わい・・・


FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender

◆和牛ヒレの瞬間燻製
目の前で女性スタッフさんがやってくれます。
写真は、瞬間燻製後のものです。

焼かずに、そのままの状態で食べます。

FullSizeRender

そのまま被りついてみました。
肉厚だけど、柔らかく、口の中に大きな状態でも噛みやすかった。
ヒレ肉本来の肉の風味がたっぷり・・・
時折感じる燻製の風味もアクセントになります。

FullSizeRender

ここで、ドリンクはハイボールにしました。
焼肉屋さんでは、生ビールの後はハイボールにするパターンが多くなりました。

IMG_0981

◆黒毛和牛のヒレカツサンド
こちらのお店の名物・・・人気メニューです。
コーン油で揚げています。
食べてみると・・・
こりゃ美味い!
パン自体もおいしい・・・
大きさも手ごろで食べやすい・・・
人気なのがわかる気がしました。

FullSizeRender

FullSizeRender

◆和牛ヒレのミルフィーユ焼き
ヒレ肉三部作の最後です。
ミルフィーユとコース内容に書かれていたので、フランス菓子のイメージをしていたので・・どういう風になるのか?

女性スタッフさんが焼いてくれます。

FullSizeRender

FullSizeRender

焼きあがった状態をみて納得です。
何層かにわけて重ねているのです。
そういう意味だったのですね。

特製タレにつけて楽しみました。
美味い!

口の中でとろける感じでした。
肉汁とタレの旨味が口の中で調和されます。
旨味同士のマッチング・・・
おいしさが口の中で広がります。

3つのヒレ肉の楽しみ方が味わえました。
幸せ・・・

FullSizeRender

◆黒毛和牛の厳選部位
上カルビです。

FullSizeRender

見た感じ・・・でっかい!
これだけでかいカルビを食べるのは初めてでした。

FullSizeRender

いざ食べてみると、厚い。
噛み応えが強烈にありますね。
こういう肉なのか?
ゴムのような感じ??
私はもっと柔らかいカルビの方が好きです。

FullSizeRender

◆和牛サーロインの焼きすき
卵は大分県産ブランド鶏卵「蘭王」を使用しています。
白身30%、黄身100%の割合が肉に最適な比率とか?

FullSizeRender

FullSizeRender

食べてみると・・・
とろけるような濃厚さ・・・
先ほどの上カルビと対照的なのが面白い。
こういう組合せのコンセプトなのか?
ただただ、美味かった!

FullSizeRender

◆石焼ユッケビビンバ
フィナーレです。
目の前で仕上げてくれます。

FullSizeRender

混ぜているときの良い風味がバンバンと鼻に心地よい。
先ほどのサーロインが終わって、これ以上食えるかな?と心配していましたが・・・
今は、食べたい気持ちがメラメラとよみがえってきました。
恐るべし・・・

FullSizeRender

お茶碗によそってくれました。
美味そう!

味わいながら、一気に完食!
美味かった!
残りがあれば、おにぎりとしてお土産でほしいところです。

FullSizeRender

◆本日のデザート
さつまいものアプリコットケーキです。
美味しかった。
焼肉屋さんのデザートって、本当に美味しいですよね。
にく崎も、その御多分にはもれずでした。

FullSizeRender

ご馳走様でした。

インバウンドの方とか沢山きそうです。
ヒレの三部作他を味わってみてください。

銀座焼肉 にく﨑焼肉 / 銀座駅内幸町駅新橋駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
久しぶりの知人とやってきました。

坂をのぼったところに、目的地がありました。

IMG_9043

今回は、「とびうしコース」を頂きます。
飲み放題付きなのがうれしい。
まずは、生ビールで乾杯した後に、コースのスタートです。

【前菜】
ナムル、白菜キムチ、蓮根のナムル?・・・
いずれもさっぱりとしています。
キムチは、焼肉の合間に食べるようにとっておきました。

FullSizeRender

【菜物】季節のサラダ
ドレッシングが優しい味です。
肉をこれから食べていくのに、胃腸が整いますね。


FullSizeRender

【牛舌】
いきなりユニークな物が登場しました。
「名物ねぎたん巾着」
タン料理なのですが、ニラみたいなもので十字に縛っています。
中は何だろう?


FullSizeRender

ねぎたん巾着は、女性スタッフさんが焼いてくれます。
焼き方にコツがあるようです。

FullSizeRender

タレは3種用意されています。
タンなので、すだちソースで頂きます。

FullSizeRender

焼きあがって、いざ実食・・・
中は、ネギでした。
しかもたっぷりで美味い!
実にヘルシー・・
タン自体もヘルシーなのに、ネギたっぷりにより、よりヘルシーさが増します。

【塩焼】
塩焼の特上ハラミです。
ハラミは、タレが食べることが多いので、新鮮でした。

FullSizeRender

タンの次にハラミ・・・
私の中での焼肉食べスタイルの王道をいっているようです。
違うのは・・塩焼ということ。

食べてみると・・・美味いことには変わりありません。

FullSizeRender

【タレ焼】
タレ焼のお肉はザブトンです。
卵が出てきたので、当然のごとくすき焼き風に食べます。

FullSizeRender

ザブトンから適度な香りがたまりませんね。
良い具合に焼きあがってきました。

FullSizeRender

器に少しよそられたご飯とともに食べます。
ご飯をお肉で挟むようにして食べてみました。
美味い!
肉汁の旨味がご飯に染み入り、たまらないです。
サブトンは、美味いですね。
サシと赤身の匙加減が最高です。

FullSizeRender

またまた、インスタ映えしそうな肉の登場です。
【塩焼】
肉の巻き方が、バラの花びらのようですね。
イチボ、カメノコ、ミスジです。
どれもたまらん部位ですね。

FullSizeRender

ではイチボから焼いていきます。

FullSizeRender

こげないようにさっと焼きます。
少したたんで、塩焼きなので、皿に添えられていたワサビを少し載せて食べました。
サシの脂とワサビの絡み具合がうれしい!
美味い!!

FullSizeRender

カメノコです。
どんどん焼いていきます。
こちらもさっそ焼くのがコツのようです。
カメノコは、あまり食べられない部位ですね。
でも、赤身肉で美味しい。
やや肉の噛みごたえも好きな私ですから、逆にあっているかも?

FullSizeRender

FullSizeRender

最後はミスジです。
ミスジも好きです。
サシばりばりよりも赤身が多いのを好む私です。

FullSizeRender

ここで変化球が入りました。
【ホルモン】
ホルモンも大好きです。
ハツとシマチョウ・・・

FullSizeRender

うれしいのは、部位の札だけでなく、必要に応じて焼き方などの推奨が書かれています。
ハツは、ミディアムレアとのこと。
その通りに従います。

FullSizeRender

福岡育ちの私には、ホルモンには愛着があります。
シマチョウもおいしく頂きました。

ここで、コースの肉は終わりとのこと。
肉の追加をどうするか?と聞かれました。
聞かれると食べたくなりますね。
連れと目線で暗黙の了解になりました。

タン好きのリクエストに応えて、「厚切り極タン」を注文しました。

FullSizeRender

塩昆布が別に出てきました。
多分、載せてたべるということでしょう。

FullSizeRender

こちらも、女性スタッフさんが焼いてくれました。
最終的に、1/3にカットして出来上がりです。
厚切りなので、よく焼かないといけないです。

このタイミングでのタンでしたが・・・美味かった!
連れも大満足でした。

FullSizeRender

私のリクエストは、変化球としての肉寿司です。
先ほどのスキヤキ風で、ちょびっとのご飯でしたので・・・
肉寿司・・・キャビアが載っており、美味い・・・
肉にキャビアも良いですね。

FullSizeRender

【汁物】
焼肉屋ではお馴染みのテールスープです。
テールの旨味がたっぷりでています。

FullSizeRender

【〆物】
〆は、2種類の中から選択できます。
和牛からすみ飯かすだち冷麺です。
私が選んだのは・・・

FullSizeRender

和牛からすみ飯でした。
からすみ飯は初めてですね。
肉が入っているからこそ、よこ合いますね。
美味しかった!

FullSizeRender

【甘味】
こちらは、3種類からセレクトできます。
鳳凰卵のプリン、杏仁豆腐、シャーベット。
私は鳳凰卵に惹かれました。
それにプリンが好きなので・・・

一口食べてみると、濃厚なコクと甘味がいいですね。

FullSizeRender

連れは、杏仁豆腐でした。

FullSizeRender

美味しかった。
ご馳走様でした。

和牛焼肉 とびうし 飯田橋焼肉 / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
麻布十番にやってきました。
都営大江戸線の出口5bをでて、やってきました。
メトロ南武線からは、出口1からがいいと思います。

ビルの名前をみつけて、エレベーターで2Fにあがりました。
エレベーターが開くと、「牛に金棒」の文字とスタッフさんがお出迎えをしてくれました。

IMG_9466

全室個室の隠れ家的場所です。
4か月前にオープンしたばかりの素敵な店内です。
黒ずくめに、白のクッションがいいですね。

IMG_9379

壁に2個の電源コンセントはありがたい。
連れが早速充電しました。

IMG_9381

肉の置く金色の器と黒のコースター、箸置き・箸のシックな色のバランスがいいですね。
なんか、落ち着きます。

FullSizeRender

何はともあれ、生ビールで乾杯です。
乾杯!

FullSizeRender

本日は、「料理長おまかせコース(15,000円)」
他にも、リーズナブルな6,800円や8,800円のコースもあります。

前菜からスタートです。
【前菜(3種盛合せ)】
よだれ牛、ウルテ、キムチの3種です。

よだれ鶏はよくききましたが、それをもじったような「よだれ牛」です。
タンを使っていますので、食感とタレの絡まり方がおいしい。
ウルテは、コリコリとした食感が楽しい。
トウガラシの辛み方もGood!
キムチは、白菜と大根の2つが適量なのがいい。

FullSizeRender

【ユッケ】
見た目の彩が本当にきれいですね。
太田牛のイチボにキャビアとエシュロット、食用の花が添えられています。
ハートは何かと思いきや・・・
中身は、卵黄です。
スポイドになっています。

FullSizeRender

横からみても素敵・・・金色のカクテルグラス風なところもいいですね。

FullSizeRender

卵黄入りのハートは、なんとスポイドになっています。
ハート部分をおして、卵黄をキャビアの上に注ぎます。

FullSizeRender

美味そう!
実際に食べてみると、口の中が旨味で一杯になります。
普通のユッケとは、まるで違いいますね。
後をひく脂感覚がないし、ヘルシーメニューそのものです。
美味い!

FullSizeRender

【塩焼】
近江牛特上サーロインです。
肉の艶がいいですね。

FullSizeRender

大根おろしにつけて食べます。
柚子胡椒がアクセントになっています。

FullSizeRender

スタッフさんが、上手に焼いてくれます。
流石に脂が多いので、適度な炎があがりますが、これにより不要な脂分が落ちてくれます。

FullSizeRender

上手に焼きあがって、大根おろしの上に載せました。
後は、大根おろし、カイワレに絡めて頂きます。
適度な甘味が心地よいです。
これもまた、ヘルシーですね。
柚子の風味もたまらない。

焼肉を食べているはずなのですが、何か日本料理か和食を食べている感覚にもなります。
それだけ、ヘルシーなのです。

FullSizeRender

【タン焼】
タンが3種類です。
タンカルビ、特上タン中、特上タン元。
タンは今まで2種類が多いですが、3種類だしてくれるのは初めてかも?

FullSizeRender

タンカルビから焼いていきます。
霜降りがあるタンです。
タンらしさは、あるけど、脂っぽくない。

FullSizeRender

ピンクグレープフルーツのネギダレを載せると、さらにフルーティでヘルシーになります。
普通の焼肉の感覚と違います。
新感覚の焼肉を食べているような・・・不思議な感覚です。

FullSizeRender

ここで、サラダも同時並行でいただきます。
【サラダ】
レタスの上に、紅芯大根、ヤングコーンが載せられています。
うっすらとかかっているオーガニックドレッシングは、ドレッシングがかかっている感覚を忘れさせてくれます。

ふわっとした感覚のサラダで、肉を食べている胃腸に優しそう・・・
独特の食感やサクサク感も楽しい。

FullSizeRender

タンに戻ります。
今度は、タン中です。
これは普通のタンのイメージです。

FullSizeRender

フォアグラが入ったバター醤油につけて仕上げてくれます。
バター醤油の香りがいいですね。
美味い!

FullSizeRender

FullSizeRender

最後はタン元です。
厚切りのタンを昆布に挟んで、じっくりと焼いていきます。

FullSizeRender

更に、昆布を除いて、肉だけで焼いていきます。
肉が低温調理風の仕上がりになります。

FullSizeRender

じっくり焼いていると、昆布締めの香りがいいですね。
それに、まるで蒸しているように昆布から水分がでてくるのです。
たまらないですね。

カメルーン産のブラックペッパーをかけて仕上げてくれます。
手の込んだタン元・・・
美味いに決まってますね。

FullSizeRender

ここで、ドリンクは角ハイボールにしました。

FullSizeRender

【土瓶蒸し】
焼肉で土瓶蒸しが出てくるのは、びっくりです。
でも、このシーズンは土瓶蒸しといえば・・・松茸・・・まさか?

FullSizeRender

スープをおちょこで飲んでみると、肉の香りに松茸の風味が・・・
まさかのまさか?

FullSizeRender

土瓶の蓋をあけると・・・松茸が入っていました。
肉は、近江牛のテール・・・
テールと松茸の調和が実にいいのです。
心が温まりますね。
旨すぎます。

FullSizeRender

【スペシャリテ】
ここまできたら、何がでてきても驚きません。
でも、この登場の仕方には、やはり驚きです。
どうみても、外側のパンはクロワッサンでしょう。

FullSizeRender

クロワッサンをもじったヒレワッサン・・・つまりヒレ肉ですね。
ソースにマスタードで洋風エッセンス。
しかもクロワッサンは自家製です。
連れが美味い、美味いを連発していました。
クロワッサンをお土産にしたいくらいに、美味しかったですね。
もちろん、ヒレ肉の食べ応えも良かったです。

FullSizeRender

【お食事】
ここでおかまの登場です。
純銅製羽釜です。
羽釜で炊かれちゃ・・美味いに決まっています。
しかも純銅製ですから・・・
まずは、ご飯だけでのおいしさも味わってもらうために先に出してくれているようです。

FullSizeRender

蓋をあけると・・こりゃまた綺麗・・・
イクラたっぷりですが、このイクラは筋子から味付けしています。
手がこんでいますね。
魚は、北海道のサンマです。
ご飯は新潟の新之助を使っています。
ふっくら、もっちりの新之助です。
おにぎりに向いているとか?

FullSizeRender

お釜のなかで、まぜて、お茶碗によそってくれました。
美味そう!
まずは、一杯頂きました。
旨味たっぷり・・・うますぎる・・・
ただ、今日は焼肉屋さんにいることを忘れそうです。
(笑)

FullSizeRender

ここで箸休めならぬ【牛休め】です。
富士の鶏ささみを湯葉でくるんでいます。
上に載っているのは、梅肉ソースです。
ここでも食感が楽しめます。
梅肉の酸っぱさと湯葉のやさしさが実にマッチングしています。

FullSizeRender

FullSizeRender

【タレ焼】
近江牛サガリです。

FullSizeRender

ここで、肉らしさ復活です。
サガリはヒレに近い赤身です。
肉肉しく、肉を食べている気になります。
ニンニクのエッセンスが入っているものの、実にフルーティ。
やはり、サガリといえども、食べ応えはヘルシーです

FullSizeRender

タレもいいですね。
超うまい!!

そして、折角なので、先ほどのご飯と一緒でも食べてみました。
タレ肉は、ご飯に合いますね。
あっという間に二杯目完了です。

FullSizeRender

さあ、最後のお肉です。
【すき焼】
近江牛ヒレのトリュフ焼き・・・
肉とタレと卵黄とトリュフが一緒に出てきました。

FullSizeRender

卵黄は「米っ娘」というブランドです。
米だけを餌にしているので卵黄では、卵白のような白になるようです。
オレイン酸が豊富で健康的な玉子になります。

FullSizeRender

お肉をやいて、卵黄をつけて、トリュフをかければ完成です。

FullSizeRender

至福のひと時・・・
一口で、このおいしさを独占しました。
たまりませんね。

FullSizeRender

【甘味】
ついにデザートになりました。
シャーベットにお芋のムース状のものがかかっています。
食べてみると、不思議な食感です。
甘味といいながらもヘルシーな感覚の甘味です。

それに、焼きいもも手がこんでいます。
オープンでやき、キャラメルをつけてバーナーで表面を焼いています。
シナモンの香りもいいですね。

私の持論ですが、デザートが美味い焼肉屋さんは、やはり良い焼肉屋さんの条件です。
それに、間違いなく適合しています。

FullSizeRender

最後に、お茶を飲みながら余韻に浸りました。
そして、最後にうれしいことが・・・

FullSizeRender

先ほどの余ったご飯をおにぎりにしてくれました。
新之助の米が、さらにいきました。
クッキーを入れるような袋もかわいいです。

FullSizeRender

本当に美味しかったです。
ご馳走様でした。

追伸 家に戻っておにぎりを早速食べましたが・・・美味かった!

牛に金棒 麻布十番焼肉 / 麻布十番駅赤羽橋駅六本木駅
夜総合点★★★★ 4.5

5
新宿駅西口側をでて、西新宿方向に歩きます。
新宿の喧騒から少し離れるだけに、逆に落ち着いた感じがしていいですね。

そして目的地のビルに到着しました。
何と看板の後ろ側がオープン席になっていますね。
焼肉で、オープン席があるなってしゃれています。

IMG_8992

エレベーターで2Fにあがります。
ドアが開くと店内でした。

今年の8月にオープンしたばかりのお店です。
カウンター席の雰囲気がいいですね。

テーブル席もいい感じでした。
(お客がいたので撮影できませんでした・・・)

今宵の席は、L字の端から2番目の席です。

IMG_8996

本日、お世話になるコンロです。
しっかりと煙も吸ってくれそうです。

IMG_8997

何やら気になる模様の紙エプロンです。
早速つけてみました。

FullSizeRender

新・ホルモン・・・
中々ユニークな絵柄ですね。
絵柄は1種類かと思いきや、連れの絵柄は別物でした。
焼く前から、楽しい気分になってきました。

FullSizeRender

何はともあれ、生ビールで乾杯!

ジョッキの絵柄も違っていました。

FullSizeRender

お通しは・・・なんとキュウリ1本丸ごとです。
最初は少し、驚きました。

FullSizeRender

酢味噌につけて食べます。

FullSizeRender

どうかなと思いながら、酢味噌につけて食べてみると・・・
美味い!
みずみずしく適度な歯ごたえがたまらない。
酢味噌とも抜群にあいます。
こりゃいいや!
肉を食べる前に、ヘルシーに胃腸を整える・・・

FullSizeRender

少しホルモン刺しがほしいなと思い、選択したのが・・・
「黒センマイ刺し」

連れは食べられるかな?と不安視していました。
実際に食べてみると、私がよく知る大切りのせんまいではなく、小ぶりにしていました。
だから食べやすいし、せんまいの独特の腸の内側の様相がわかりにくいので、せんまいが苦手な方でも食べられそう・・・

それに、酢味噌と野菜が絶妙のマッチングです。
今まで食べたせんまい刺しの中で、№1かも?

FullSizeRender

名物の4種類の中から、1品セレクトしました。
「角刈りレバー」

確かにあまりレバーの各切りは食べないですね。
ちゃんと火が通るのかな?と不安の中で焼き始めました。

FullSizeRender

表裏、左右、縦横とよく焼きました。

FullSizeRender

ハサミでカットしてみると・・・
しっかりと火が通っています。
それに、風味を残っているので、レバーだけど上品な味わいです。
流石に名物ですね。
納得です。
なんで、角刈りなのか?を聞き忘れました。

FullSizeRender

次に、ホルモンにしました。
店名にホルモンが入っているので、やはりこだわりがあると判断しました。

「ホルモン三種」
ハチノス、ハツ、ミノサンド・・・
どれもホルモンとは思えないきれいな見栄えです。
実際に焼いてたべてみると、どれもおいしい!
ミノサンドは、少し歯ごたえがありますが、ホルモンらしさがでています。
左から、柔らかい順番に食べるか?
それとも右から、最初に歯ごたえがあるものを食べるかは、好みがわかれるところです。

FullSizeRender

ここで、通常のお肉も食べてみたいとなり大好きな部位をセレクトしました。

「牛ハラミ」

やっぱ美味いわが感想です。
系列のコンセプトが違う銀座のいのうえで食べたことがあります。
最高に美味かったのを覚えています。
同じ流れですね。
美味いに決まっています。

FullSizeRender

ホルモンの後に、ハラミもいいね。
よりおいしい味わいになります。

FullSizeRender

FullSizeRender

さて、次はどうするか?
鶏をセレクトしました。

ヤゲンナンコツ、鶏モモです。

IMG_9024

鶏も期待どおりの部位でした。
ヤゲンナンコツは適度なコリコリ感があり、そのままでもおいしい。
モモは食べやすく、鶏肉を食べているおいしさを感じられました。
鶏については、普段は唐揚げが多い私ですが、焼いてたべるのもヘルシーで良いですね。

FullSizeRender

そろそろお腹も一杯になったので、最後の部位です。
カルビにしました。

そこそこ登場するのに時間がかかりましたが、期待以上の霜降り具合・・
こりゃ見ただけで美味そうだ。

FullSizeRender

コンロにかけると脂分で炎が・・・
この豪快さがいい!
うっかり、焼きすぎになりそうになりましたが、口の中に入れるととろけました。
最後の〆としては、最高でした。

美味い!

FullSizeRender

いや良い焼肉屋さんでした。
いつしか店内も混みあっていて、人気の高さがうかがえました。
ご馳走様でした。

新宿焼肉 ホルモンいのうえ焼肉 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅
夜総合点★★★★ 4.0

↑このページのトップヘ