おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteで連載中
 『初心者のためのインスタグラム講座』
 マガジンをフォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

2) あなたの未来を切り開くメルマガ
 『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  発行費用 550円/月
  まぐまぐのアカウント作成が必要です。(無料)
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにてお願いします。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

3)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

寿司

5
中目黒にやってきました。
中目黒は2回目です。
今回は、ある方のオススメでやってきました。

目的地に近づくと、何やら住宅街です。
「え、住宅街にあるお鮨屋さん?」
ますます期待がもてますね。

そして、ここじゃないという引戸がありました。

IMG_0417

引戸をあけると、左か?右か?の選択を迫られましたが、左に行く右利きの修正?
すると、後ろから歩いてきた人が、こちらですよと声をかけてくれました。
先方は常連さんなのかもしれません。

そして、カウンター席の一番奥に案内されました。

いや・・・みるからに良い雰囲気ですね。
壁も絵も何だか洒落ています。

FullSizeRender

まずは、何といっても生ビールからスタートです。
乾杯!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

FullSizeRender

何といっても、器がいいですね。
いろんな器に盛られてくるのが想像できます。
日本料理ならではの醍醐味です。

「カマスのガリ巻」
意外なところからスタートです。
でも、自信の表れが感じられます。
カマスの臭みをうまくガリで中和させて旨味に変えていく。
ガリ好きな私には、たまらない逸品です。

FullSizeRender

最初は何だろうか?と思いました。
蓋をとってみます。

FullSizeRender

中からスモークが・・・
演出もばっちです。
「大トロの燻製」
初めてのパターンです。
とろける味と燻製の香りが心地よいです。
美味い!

FullSizeRender

「セコガニのシャーベット」
優しい味です。
蟹がシーズンに入りましたので、嬉しいですね。
冷たいながらも、胃腸へのいたわりがある・・・
そんな気がしました。

FullSizeRender

FullSizeRender

ここで、日本酒をペアリングしてもらうことにしました。
最初に出てきた日本酒です。

「田中六五」
福岡県のお酒です。
福岡県出身の私としては、嬉しいですね。
日本酒のおちょこととっくりもいい!
普段はそれほど日本酒を飲まない私ですが・・・
いい!!

FullSizeRender

「ひらめの刺身」です。
函館でとれた津軽海峡のひらめです。
口に含めると・・・プリプリ感がいいですね。

FullSizeRender

さんまです。
さんまを使うあたりが、やはり良いお店であることを感じます。
炙っていて、白胡麻油で食べます。
ヘルシーですね。
青物特有の臭いは全く感じないので、苦手な方でも大丈夫です。

IMG_0435

「春子(かすご)鯛のフライ」
自家製のタルタルソースが合います。
まさか、フライが出てくるとは思いませんでしたので、ギャップ感も良かった。

FullSizeRender

続いての日本酒は、「十四代」です。
山形のお酒・・・有名ですよね。
先程の日本酒より甘みを感じます。
お鮨料理に合いますね。

FullSizeRender

手渡しでの巻物がきました。
巻物の中身は、納豆、明太子、ガリ、アボガド、コロ芋、塩昆布・・・
巻物の下側に下仁田ネギが入っています。
食べ進めるうちに味が変化?
面白い取組みです。
巻物、好きな私にとってはとても嬉しい!

FullSizeRender

ここから、握りがスタートです。
「アズキハタ」
なんといきなり高級魚からきました。
ただ、名前を言われないとわからない・・・
でも、ここは素直に味わいます。
美味い!

FullSizeRender

「磯自慢」
静岡の日本酒です。
おちょこは木製にかわりました。
木製のおちょこもいいですね。

FullSizeRender

「赤貝」です。
赤貝の旨さで、そこのお店の力量がわかる気が?
もちろん、美味い!
みずみずしさが溜まらない・・・

FullSizeRender

「サワラ」です。
鳥羽産・・・
握りを食べている時、日本人としての喜びを感じます。
幸せ・・・

FullSizeRender

車エビです。
ここでも一工夫・・・
白エビが挟んでいます。
何となくより甘みを感じたのはそのせい?
美味い!

FullSizeRender

「雲丹」登場です。
シャリの上に青のりを載せて、その上に馬糞ウニが更に載っています。
とろける雲丹と青のりがよくあいます。
大人の味わいですね。

FullSizeRender

「赤身マグロ」です。
私も日本人・・・
マグロは大好きですね。
何貫でも食べれそうな気がする・・・
ほのかに柚の香りが・・・

FullSizeRender

「中トロ」です。
何も言うことはないですよね。
ただただ、美味い!

FullSizeRender

「森嶋」です。
東京都の日本酒です。
東日本大震災で崩れ落ちた石蔵をデザインした、酒造の思いが伝わってきます。
スッキリしていますので、最後を飾るには一番ベストかも?

IMG_0458

「コハダ」です。
日本酒ともあい、ぴったんこです。
青物好きとして、このタイミングでのコハダもいい!

FullSizeRender

「ホタテ」です。
低温調理されているものです。
ひと味違う仕上がりになっています。

FullSizeRender

「イカ」です。
シンプルに美味い!

FullSizeRender

おっと、流れでもう1種類追加しました。
「まつもと」
京都の日本酒です。
とっくりとおちょこもいい。
上品な気分・・・ただただ味わい深い・・・

FullSizeRender

椀です。

FullSizeRender

シメには欠かせないですね。

FullSizeRender

そして、穴子です。
タレでもらいました。
ほんわりしたぬくもりが穴子ならではの旨さを醸し出しています。
美味い!

FullSizeRender

最後に卵です。
しっとりしたスポンジケーキのようです。
最後のお鮨屋さんでの醍醐味は、今や卵かもしれませんね。

FullSizeRender

あがりを頂き、ご馳走さまでした。

FullSizeRender

それにしても、良いお店ですね。
また、来たい・・・
そんなお鮨屋さんでした。

宇田津 鮨寿司 / 中目黒駅祐天寺駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.5

5

品川駅江南口にはよく来ます。

実は、昨日も仕事できました。

それだけご縁があるエリアです。

IMG_8620

今回は、港南口からすぐにあるイーストワンタワー内にあるお鮨屋さんです。
太陽生命ビル側からアクセスしたため、タワーの裏口側から入ることになりました。
エレベータで1Fに降ります。左に曲がってビル内に入ると、すぐに素敵な入口が目に入りました。
檜づくりのドア・・・風情がありますね。

IMG_8618

店内に入ります。
まずは、玄関口で検温と消毒をした後、カウンター席に案内されました。
とても素敵なカウンターです。
白木が心地よいです。
今から、お寿司を食べるぞ!と・・その気分に浸れます。


IMG_8623

個室もあります。
入口から除くと・・・こちらも素敵な空間です。
接待や親しい人との会食にもピッタリです。

IMG_8625

改めて、カウンター席に戻ります。
大将の準備も整いました。
とても楽しみなお鮨のおまかせコース・・・
いざスタートです。


IMG_8627

FullSizeRender

さて、何はともあれ、生ビールから頂きます。
乾杯!
この生ビール・・・とても美味い。
喉こしもいい・・・
肝心の鮨を食べる前から、美味いがでてきました。
本当に、うまいビールです。

IMG_8632

本日頂くのは、『おまかせ握りディナーコース』(14,000円)
【サワラの唐揚げ】
サワラの唐揚げは初めてでしたが、おいしい。
これなら青物の苦手な方でも大丈夫です。
風味もとても上品に仕上がっています。

FullSizeRender

【秋鮭・秋なす】
椀物です。
蓋を開けると・・・
秋の訪れを感じさせてくれる一品です。
粕汁風の仕上げが胃腸に優しいですね。
それに見た目も綺麗・・・
味わい深い一品です。

FullSizeRender

FullSizeRender


【中トロ】
握りの1つめは、中トロからです。
青森県大間産・・・大間産と聞くだけで気分は北国です。
脳裏にうかぶ季節模様とともに、鮨の味を堪能していく・・・
とても幸せな気分です。

赤酢のシャリ・・
醤油をつけずにそのままで頂けます。
どんな握りがでてくるか楽しみです。
FullSizeRender

【酒肴4種】
日本酒が飲みたくなる肴が登場しました。
盛り方もきれいです。
食べるのがもったいなくなります。

・イクラおろし
・新蓮根しんじょう饅頭風
・煮だこ
・お浸し

イクラは大根おろしと味わうとさっぱりしますね。
醤油なしでも美味しい!
新蓮根のしんじょうもいい。
こちらも季節を感じられる。
日本料理・寿司のいいところです。

煮だこに自家製りんご酢を使っています。
りんご酢の酸っぱさが心地よい。
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender

FullSizeRender


【ミズダコ】
とてもさっぱりしています。
口直しにもなります。
たこは体にもいいので、ヘルシーです。
女性客を意識した配慮ですね。

FullSizeRender

【カツオ】
戻り鰹・・・こちらは去りゆく風情を感じます。
背中とお腹の2つの部位を堪能できました。
胡麻ダレがかかっていました。
どんな味になるかと思えば・・・旨い!
胡麻ダレが実に合いますね。
新発見!


FullSizeRender

いろんな器にのせられた料理が実に楽しいです。
和食ならではの楽しさです。
大将は、ミシュラン1つ星を2年連続(2019年・2020年)で受賞した「赤坂鮨まつもと」にいられた方です。5月オープンした品川では、その感性がいかんなく発揮されていると
感じました。


FullSizeRender

【マグロ赤身】
赤身は好きです。
日本人なら誰しもですね。
美味しいマグロの赤身・・・日本人としての幸せを感じます。

FullSizeRender


【マスノスケ】
別名キングサーモン・・・北海道産です。
脂がめちゃのっており、滅茶苦茶美味い!
サーモン好きにはたまりませんね。
FullSizeRender

【アジ】 
生姜が入った甘くしたタレがいいですね。
青物の臭みを上手に包み込んで、新たな味わいに変化させる・・
まさに職人の技です。
FullSizeRender

【雲丹+イカ】
雲丹のイカ巻きは初めてです。
むらさき雲丹(写真右)と馬糞雲丹(写真左)の2つのウニを堪能できます。
食感が良いですね。
イカの中に美味しい雲丹・・・幸せです。
今の時期のウニは、道東エリアになるそうです。
FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender

【つぶ貝】
シンプルながらも好きです。
貝好きにとってのつぶ貝のお寿司は特別な気がします。


FullSizeRender

【メヌケ】
初めて聞く名前です。
真っ赤なお魚・・・かなり深いところで生息する魚のようです。
別名アコウダイ・・・この名前を聞くと鮨で食べた記憶があります。
今回のメヌケは北海道産です。
脂はのっているけれど、全然くどくない。
貴重な一品です。

FullSizeRender

【コハダ】
佐賀産です。
江戸前寿司としてのコハダは、佐賀産が定番のようです。
コハダ・・・美味い!

FullSizeRender

【箸休め】
ここで箸休めです。
長芋、カボチャ、茗荷の漬物・・・
茗荷は苦手ですが・・・旨かった。
ようやく大人になれた気分でした。
(笑)

FullSizeRender

【茶碗蒸し】 
とうもろこしを基調にした茶碗蒸しです。
中に入っているものが何かと思えば・・・アサリでした。
アサリの成分を上手に引き出して、茶碗蒸しの中でトウモロコシと調和させる。
Good!

FullSizeRender

FullSizeRender

【玉子焼き】
カステラのような卵焼きです。
しっとりとしたスポンジケーキのようでもあり、美味い!

FullSizeRender

FullSizeRender

【穴子】
対馬産です。
脂が、滅茶のっています。
江戸前鮨の最後は、穴子・・・納得です。

FullSizeRender

最後に巻物です。
かんぴょう巻でした。
とても新鮮でした。


FullSizeRender

ここで対象がなにやらワイングラスを取り出しました。
そしてワイン?をグラスに注ぎ始めました。
何々??
なんとほうじ茶です。
もちろんノンアルコール・・・
『吟醸茶タルミズブラウン』

IMG_8682

メニュー表での説明です。


「いつわりのない茶の極み、白き茶花の未来が薫る珠玉のほうじ茶」


・無肥料無農薬自然栽培

 鹿児島の自然豊かな大地の恵みを一身に受けて、無肥料無農薬でお茶の種より自然栽培された茶葉を、生命力に溢れ、焙じても緑茶の特性が衰えない芳醇な逸品に仕上げました。

上品なタンニンのアフターテイストで、すっきりと香ばしく引き立てる味わいです。

・屋久島の地下水

 日本屈指の雨量地帯として知られ、その豊かな雨が樹齢七千年の縄文杉をはじめとする太古の森を育み続ける屋久島。

この悠久の大地より汲み上げた地下水は、有機物を含まない硬度10mg/Lの軟水で特有のまろやかな水質。


そして、独自の抽出方法を採用しています。


IMG_8681

実際に飲んでみると・・・本当に深い味わいです。
それに香りもいい。

最後で、また驚きがありました。
赤だしです。
シンプルなワカメだけの具材ながらも、体が芯から温まるおいしさです。
飲むたびに味わい深い・・・
どんな味噌を使っているのかを知人が聞きました。
すると、京桜みそを使っていました。
料亭などでもよく使われる味噌・・・
納得です。

FullSizeRender

FullSizeRender

水菓子は、柿の天ぷらのクリームチーズ添えです。
アツアツの柿・・・
中々ユニークでした。
初めての体験・・・ご馳走さまでした。

いや、良いお鮨屋さんでした。
近隣の私の知人にもお勧めしたいと思います。

店を出る頃には、いつしか店内もお客さんが増えてきていました。
予約していくことが無難だと思います。

品川 鮨まつもと寿司 / 品川駅北品川駅高輪ゲートウェイ駅
夜総合点★★★★ 4.5

5
知人に連れられてやってきたお店です。
『食べ放題』がウリということで、案内されるままに入りました。

IMG_7032

大漁旗があり、今からお寿司を沢山食べるぞという気になりますね。
13時過ぎでしたが、店内はそこそこお客がいました。

IMG_7033

本日チャレンジする食べ放題メニュー表です。
一度食べたことがある知人に注文の仕方はお任せしました。
知人がとった戦略は・・・
1)シャリは小さめ
2)超特選を先に注文する(上限数)
3)基本2貫のものはシェアをする
4)基本1貫のものは2つ頼む

流石にそれなりの年代なので、むちゃくちゃの量は食べれないです。
折角なので、全種類を食べたいですね。
よって、シェアは大事な要素です。
一人ではできな戦略ですね。
(^^)

IMG_7035

ボタン海老です。
ボタン海老は2貫まで・・・
うん、プリプリで美味い。

FullSizeRender

イクラです。
イクラは3貫まで。
開いた状態できますので、必要に応じてワサビを入れて、巻いて醤油につけて食べます。
自分で最後に巻く方式は、手巻き感覚でスキです。
イクラ3貫を連続で食べるのは、もちろん初めてです。
食べ放題ならではの注文ですね。

FullSizeRender

本マグロ大トロです。
こちらも3貫です。
シャリは小さめですが、ネタの大きさは結構あります。
大トロを3貫食べることも普段はないです。
まだまだ余裕です。
それにしても、どれも新鮮でプリプリとしていて美味い。

FullSizeRender

シマアジ、コチです。
ここで青物が入ってくれたの嬉しいです。
青物スキな私ですから・・・
口の中に変化を入れられます。
美味い!

FullSizeRender

イラ、サーモンです。
左側から順番に頼むのも正解ですね。
絶妙な感じで味変できます。
サーモンも普段は握りでは食べないので、嬉しい気分になりました。

FullSizeRender

ツムブリにイサキです。
変化球の組合せです。
赤身、白身と変化していくのはバランスがいいですね。

FullSizeRender

本マグロ、かんぱちです。
こちらもバランスがいいですね。

FullSizeRender

シメ鯖です。
ここでシメ鯖は嬉しい。
酢が効いたシメ鯖・・・
より美味しく感じられます。

FullSizeRender


ヤリイカ、へだいです。
イカはとてもスキです。

FullSizeRender

一気にどんどん食べていると、何が何だか解らなくってきますね。
特に普段食べない部位は、違いがわからなくなります。
ここで赤エビ、つぶ貝が来たのは嬉しいです。
海老スキなのと、つぶ貝も好きなので・・・
両方とも美味かったです。
ここで一息つけました。

FullSizeRender

ホタテにカツオです。
全種類の終わりが見えてきました。

FullSizeRender

たまご、うなぎです。
終盤でうなぎとたまごはベストです。

FullSizeRender

ここから巻物です。
マヨコーン、納豆、明太バターです。

FullSizeRender

梅きゅうも来ました。
ここまで来ると、少し義務感で食べている気分にもなります。
ただ、個々に主張があるので食べやすいです。

FullSizeRender

最後はめかぶです。
ついに全種類を制覇しました。
流石におなか一杯です。

FullSizeRender

ワサビは別途にでてくるスタイルです。
お味噌汁はおかわり自由でしたの、2杯飲みました。
ガリ好きは私は、おかわりをしました。

最後に知人がインスタグラム投稿でサービスの水わらび餅をもらいました。
人が食べているのをみていると・・・何だか別腹で食べたくなりました。
よって、Facebookでチュックインして私ももらいました。
ぷるるんとして、するりと食べられました。
良かった!

FullSizeRender

流石に、別腹も膨れて満足でした。
夜は軽めにしないと・・・
ご馳走様でした。

俺の魚を食ってみろ!! 西新宿店居酒屋 / 新宿西口駅西武新宿駅西新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

4
寿司食べ放題の企画に何となく乗っかかり、久し振りの新宿三丁目にやってきました。
少し時間があったので、近隣を散策してみましたが、このエリアは結構以前に来ていました。
やはり、同じようなエリアに行く人間としての習性があるのですかね。

今回、やって来たのは「日本酒原価酒造」です。
ネットで事前予約をしてやってきました。

IMG_6679

エレベーターで地下に降ります。
エレベーターのドアが開くと、店内の入口でした。
案内されたのは、入口側にある2名席でした。
一人で過ごすには、丁度手頃です。

IMG_6684

最初に、注文で使用するQRコードと水が入ったボトルがでてきました。
一瞬、日本酒のボトル?と思いましたが、水です。
注文は、先程のQRコードを使ってサイトにアクセスし、自分のスマホから注文します。

IMG_6688

わさびは別でした。
気持ち的には、わさびは別でない方がいいですね。
別だとスーパーの寿司か回転寿司を連想してしまいます。

系列の『鮨一』に行ったことがあるので大きな落差を感じますが、店のコンセプトが全然違うので仕方ないですね。

今回は食べ放題90分での料金です。
生ビールは別注文です。

FullSizeRender

まずは、一人乾杯です。
( ^_^)/□

一回の注文で4貫までの制限付です。
残すとペナルティーがあります。
目標は全種類食べることです。

それではスタート!
まずは、『漬けカンパチ』

FullSizeRender

何で『漬けカンパチ』からスタートしたのか?
それは、単純にサイトの食べ放題メニューの上から注文したのです。
(ミニ丼のメニューは除く)

うん、ぼちぼちの美味しさです。
わさびが別なので、どうつけようかと最初に少し悩みました。
最初は、一回一回ネタの上に載せていましたが、途中からかったるくなったので刺身式に変更しました。
気持ち的には、ネタとシャリの間にわさびがいてほしい・・・

『生本マグロ』です。
これは美味い!
マグロは、外れがないですね。

FullSizeRender

『シメカンパチ』です。
最初の段階でカンパチの連続は悪流かも?
でも、限られたメニューの食べ放題では仕方ないと感じます。
逆にカンパチの食べ比べができて面白い。

FullSizeRender

『ごま漬け真鯛』です。
ユニークなメニューでした。
赤酢に合うかも?

FullSizeRender

『蒸し海老』です。
海老スキな私にとってはうれしいです。
海老全般何でもスキです。
オーソドックスな海老・・・良いです。

FullSizeRender

『活きしめ真鯛』です。
またしても真鯛です。
純粋な真鯛なので、もちろん美味しくは頂けます。
が、やはり分散させるべきだったか?

FullSizeRender

『ホタテ』です。
ここで、がらっとネタが変わり口直しにもなりました。
ホタテもやはりいいですね。

FullSizeRender

『煮穴子柚風味』です。
タレがついた煮穴子の方がスキですが、柚風味も独特で面白いです。

FullSizeRender

『イカ墨塩のせ』です。
通常のイカだけよりも、一工夫あり楽しめます。
感じたのは直球よりも一工夫した方が赤酢のシャリにあいますね。

FullSizeRender

『サーモン』です。
普段は寿司屋でサーモンをあまり食べません。
今回は、サーモンを連チャンで食べることになりました。
でも、プリプリで美味い!

FullSizeRender

『いくらサーモン』です。
サーモンと違いは、いくらが載っていることでした。
邪道な注文だったかな?
でも、サーモンが美味しいから味変になりました。

FullSizeRender

『つぶ界』です。
今回の一番のヒットかも?
ぷりっぷりで本当に良かった。
シンプルなところがいい。
食感も良かった。

FullSizeRender

『いくら』です。
想像したのは軍艦巻でしたが・・・
器の中のシャリに盛ったスタイルでした。
海苔スキな私としては、ちと残念でした。

FullSizeRender

ここで、ミニ丼を頼んでみることにしました。
『本マグロのトロタク丼』です。
ミニ丼というよりも超ミニ丼でしたが、食べ放題の中のメニューとしてはいいかも?

FullSizeRender

ここまで来ると流石にお腹一杯になりました。
オーダーとしては、追加でもう2種類頼みましたが汁物がほしくなり別オーダーで頼みました。
『あおさ汁』・・・
正直、塩辛いだけで外れでした。
これなら、あがりだけの方が良かったです。

FullSizeRender

一人だったので、60分以内で完了しました。
以前、60分食べ放題を格安でやっていたので・・・
それと比較してのコスパは悪かったですね。
ただ、食べ放題としてはそこそこ頂きました。
店のウリであった日本酒は飲まずしまいでした。
でもお腹満腹で後にしました。

日本酒原価酒蔵 新宿東口店居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

5
御徒町にやってきました。
行ったのはすし酒場です。
すし酒場・・・
なんか響きがいいですね。

IMG_6440

開店直後のお店の雰囲気です。
明るくて良いお店ですね。
とても開放感があり、落ち着きます。
カウンターの配置も中々面白いです。

IMG_6443

最初の飲むは、こちらのお店の名物です。
「うまるの珍酒」

FullSizeRender

何と、樽ごとでてきます。
まるで、生ビールのように樽から直接注いできます。
とてもユニークですね。

男同士二人で乾杯です。

FullSizeRender

「うまる特製のポテサラ」です。
とびっこの彩りがいいですね。
ポテサラにとてもよく合います。
美味い!

FullSizeRender

カラアゲニストとしては、どうしても唐揚げにこだわります。
柿の種をつかった鳥の唐揚げ・・・
面白そうなので注文しました。

食べてみると、食感がいい。
お菓子感覚ですね。
お菓子感覚だと中を含めて、カラッとあがっているのでベターでした。

FullSizeRender

「大うなぎの握り」です。
食べやすいように半分に切って出してくれました。
二人で分けることになるので、この配慮は有り難いです。

FullSizeRender

天麩羅串です。
ミニトマトがフレッシュ。

FullSizeRender

あおさ天にイクラが載っています。
面白いですね。
あおさを含めて海苔系は大好きなので、嬉しい一品でした。

FullSizeRender

「うまる特製海苔巻きの盛り合せ」です。
サーモンとイクラ・・・・好きな組合せです。
手頃な食べやすい大きさです。
見た目の彩りもきれいですね。

FullSizeRender

握りの三点盛りです。
海苔巻きを食べた後で、三点盛りで丁度いいですね。

FullSizeRender

そして、汁物は「あさり汁」を頂きました。
あさりたっぷりで、最後の食べ応えとしても十分です。
汁の味付けが薄めなので、最後の仕上げてとしてピッタリでした。

ご馳走様でした。

すし酒場うまる寿司 / 御徒町駅仲御徒町駅上野広小路駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

↑このページのトップヘ