おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteで連載中
 『初心者のためのインスタグラム講座』
 マガジンをフォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

2) あなたの未来を切り開くメルマガ
 『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  発行費用 550円/月
  まぐまぐのアカウント作成が必要です。(無料)
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにてお願いします。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

3)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

メトロ丸の内線

4
寿司食べ放題の企画に何となく乗っかかり、久し振りの新宿三丁目にやってきました。
少し時間があったので、近隣を散策してみましたが、このエリアは結構以前に来ていました。
やはり、同じようなエリアに行く人間としての習性があるのですかね。

今回、やって来たのは「日本酒原価酒造」です。
ネットで事前予約をしてやってきました。

IMG_6679

エレベーターで地下に降ります。
エレベーターのドアが開くと、店内の入口でした。
案内されたのは、入口側にある2名席でした。
一人で過ごすには、丁度手頃です。

IMG_6684

最初に、注文で使用するQRコードと水が入ったボトルがでてきました。
一瞬、日本酒のボトル?と思いましたが、水です。
注文は、先程のQRコードを使ってサイトにアクセスし、自分のスマホから注文します。

IMG_6688

わさびは別でした。
気持ち的には、わさびは別でない方がいいですね。
別だとスーパーの寿司か回転寿司を連想してしまいます。

系列の『鮨一』に行ったことがあるので大きな落差を感じますが、店のコンセプトが全然違うので仕方ないですね。

今回は食べ放題90分での料金です。
生ビールは別注文です。

FullSizeRender

まずは、一人乾杯です。
( ^_^)/□

一回の注文で4貫までの制限付です。
残すとペナルティーがあります。
目標は全種類食べることです。

それではスタート!
まずは、『漬けカンパチ』

FullSizeRender

何で『漬けカンパチ』からスタートしたのか?
それは、単純にサイトの食べ放題メニューの上から注文したのです。
(ミニ丼のメニューは除く)

うん、ぼちぼちの美味しさです。
わさびが別なので、どうつけようかと最初に少し悩みました。
最初は、一回一回ネタの上に載せていましたが、途中からかったるくなったので刺身式に変更しました。
気持ち的には、ネタとシャリの間にわさびがいてほしい・・・

『生本マグロ』です。
これは美味い!
マグロは、外れがないですね。

FullSizeRender

『シメカンパチ』です。
最初の段階でカンパチの連続は悪流かも?
でも、限られたメニューの食べ放題では仕方ないと感じます。
逆にカンパチの食べ比べができて面白い。

FullSizeRender

『ごま漬け真鯛』です。
ユニークなメニューでした。
赤酢に合うかも?

FullSizeRender

『蒸し海老』です。
海老スキな私にとってはうれしいです。
海老全般何でもスキです。
オーソドックスな海老・・・良いです。

FullSizeRender

『活きしめ真鯛』です。
またしても真鯛です。
純粋な真鯛なので、もちろん美味しくは頂けます。
が、やはり分散させるべきだったか?

FullSizeRender

『ホタテ』です。
ここで、がらっとネタが変わり口直しにもなりました。
ホタテもやはりいいですね。

FullSizeRender

『煮穴子柚風味』です。
タレがついた煮穴子の方がスキですが、柚風味も独特で面白いです。

FullSizeRender

『イカ墨塩のせ』です。
通常のイカだけよりも、一工夫あり楽しめます。
感じたのは直球よりも一工夫した方が赤酢のシャリにあいますね。

FullSizeRender

『サーモン』です。
普段は寿司屋でサーモンをあまり食べません。
今回は、サーモンを連チャンで食べることになりました。
でも、プリプリで美味い!

FullSizeRender

『いくらサーモン』です。
サーモンと違いは、いくらが載っていることでした。
邪道な注文だったかな?
でも、サーモンが美味しいから味変になりました。

FullSizeRender

『つぶ界』です。
今回の一番のヒットかも?
ぷりっぷりで本当に良かった。
シンプルなところがいい。
食感も良かった。

FullSizeRender

『いくら』です。
想像したのは軍艦巻でしたが・・・
器の中のシャリに盛ったスタイルでした。
海苔スキな私としては、ちと残念でした。

FullSizeRender

ここで、ミニ丼を頼んでみることにしました。
『本マグロのトロタク丼』です。
ミニ丼というよりも超ミニ丼でしたが、食べ放題の中のメニューとしてはいいかも?

FullSizeRender

ここまで来ると流石にお腹一杯になりました。
オーダーとしては、追加でもう2種類頼みましたが汁物がほしくなり別オーダーで頼みました。
『あおさ汁』・・・
正直、塩辛いだけで外れでした。
これなら、あがりだけの方が良かったです。

FullSizeRender

一人だったので、60分以内で完了しました。
以前、60分食べ放題を格安でやっていたので・・・
それと比較してのコスパは悪かったですね。
ただ、食べ放題としてはそこそこ頂きました。
店のウリであった日本酒は飲まずしまいでした。
でもお腹満腹で後にしました。

日本酒原価酒蔵 新宿東口店居酒屋 / 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

5
四谷三丁目での目的地の店が休業中だったので、どこかいい店がないかと裏路地を散策しました。
そして、目に飛び込んできたのが自販機です。
ラーメンと餃子の自販機・・・
初めてみました。

IMG_4145

店内をみると、お客さんが見えました。
イートインもやっているんだなと思い、ドアを開けて入りました。

IMG_4147

IMG_4146

入る時に店の入口にメニューがあったので、券売機でとんこつラーメン+明太ご飯のセットの券を購入しました。
追加替え玉も100円で購入するシステム・・・
博多風ですね。


IMG_4148

そして登場です。

FullSizeRender

カウンターをよくみると、胡麻と紅ショウガがありません。
完全な博多風ではないようです。

見た目は、青ネギで色合いがいいですね。


FullSizeRender

明太は、ご飯の中心にどんでした。
海苔がついていましたが、ご飯と一緒に使うものなのか?
それともラーメンに入れるべきものなのか?
少し考えましたが、ここはでてきた通りでご飯と一緒に食べることにしました。

FullSizeRender

つゆは、かなりあっさりです。
とんこつラーメンとは思えないあっさり感です。


FullSizeRender

麺は極細です。
これは、とんこつラーメンらしいです。

福岡出身としては、あっさりしたとんこつラーメンをあまり食べる機会はありませんでしたが、これはこれでありかなと思います。
東京都いう土地柄を考えると、これ位あっさりの方が好まれるのかもしれません。

FullSizeRender

麺とスープとのまとわりはそれほどないですが、スープを飲み干したくはなりました。
食べた日が冷え込んだ日だったので、特にそう感じました。

偶然の流れでしたが、よい発見でした。
ご馳走様でした。

大平軒ラーメン / 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.6

3
丸の内線新高円寺駅を降りて、ミニライブハウスに行く前に軽く食事のために立ち寄りました。
どこにでもある日高屋です。

image

こちらの店舗も日高屋らしい店内の作りでした。
まずは、生ビールで乾杯です。

image

頼んだのは、餃子二人前とレバニラ炒めです。
高円寺というと学生時代に就活のために、先輩がいる高円寺でレバニラを食べた記憶が蘇りました。
もちろん日高屋は、その当時はありませんが、昔の記憶と交錯すると料理もおいしくなるものです。

image

餃子、レバニラとも無難な味です。
チェーン店は、これでいいと思います。

image

お腹も満たされて、初めての会場に向かいました。

日高屋 新高円寺店ラーメン / 新高円寺駅高円寺駅東高円寺駅
夜総合点★★★☆☆ 3.3

4
新宿御苑前駅の焼き鳥屋さんに行くことになりました。

焼鳥しん

大分県中津市に唐揚の名店として、鳥しんがあります。
その名前と近いため、とても親近感がわき、選んだ次第です。

IMG_2627

自動ドアタイプでは開きドア好きです。
入口を開けておく、今の時期とても重要なことですね。

お客の入りやさと喚起の課題があります。
こういう配慮は今はとても大切です。

IMG_2630

カウンターと個室だけのお店です。
焼鳥は、やはりカウンター席が私の中での流儀です。
やや手前側の席に座りました。

IMG_2632

まずはさておき生ビールですね。
生ビールで一人乾杯です。
( ^_^)/□

IMG_2634

お通しです。
鳥の和え物だけでなく、キュウリとごぼうがでて来たところはありがたいですね。
食欲がでてきました。

IMG_2635

ミニサラダは、筍です。
旬だからなのかもしれませんが、筍サラダもさっぱりして良かったです。

注文は5本コースのお任せを楽しみました。

まずは、砂肝です。

IMG_2636

柔らかい砂肝でした。
ジャリジャリ感がないタイプでした。
私は福岡出身なので、砂ずりといいたくなりますね。

最初の3本は、千葉県の地養鳥を使っています。
鳥は、その時々の最適なものを使用されているようです。

IMG_2637

口直しも美味かった。
鳥の合間に食べると口の中が常にフレッシュになります。

2本目は、手羽先です。

IMG_2639

見た目、手羽先という感じですが、実は両端を落として骨もとっています。
骨付きが好きな人にとっては賛否両論ですが、関東の人はこのタイプが好むのではないかと感じました。

新生姜です。
こちらもいいですね。

IMG_2642

ささみです。
こちらも柔らかいですね。
上品な味わいでした。

IMG_2643

4本目は、ももです。
タレがいいですね。
4本目・5本目は信玄鳥です。

IMG_2646

5本目の最後は、白レバーでした。
一瞬レバー?と思いましたが、タレが実にあっていました。
レバー臭さを感じさせない美味しさでした。

IMG_2649

飲みものはハイボールを頼みました。

IMG_2652

流石に、5本では足りずに2本追加オーダーをしました。
追加1本目は、リンパです。

IMG_2653

コリコリした食感が私は好きです。
軟骨好きなのですが、わかってもらえますか?
(笑)

追加2本目は、つくねです。

IMG_2656

つくねも美味いですね。
こちらも上品な味わいでした。

最後に鳥スープをもらってシメになります。
大変、満足でした。

焼鳥しん焼き鳥 / 新宿御苑前駅新宿三丁目駅四谷三丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

3
四谷三丁目で時間調整が必要になり、ドトールに入りました。
地下1F・1F・2Fに席があります。

2Fにあがりました。
ドトールらしく、狭いスペースにテーブルとカウンターを配置する構成でした。
カウンターの席間があり落ち着くと思います。
テーブル間は狭いですね。

適度に暖かい日でしたので、アイスの豆乳ラテを頼みました。
私のドトールでのお気に入りです。

IMG_2624

角席が空いていたので、落ち着いて処理ができました。

ドトールコーヒーショップ 四谷3丁目店カフェ / 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

↑このページのトップヘ