おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

唐揚げニスト、ソログルメとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めて探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気になろう!

1)新メルマガ創刊(無料)
 『インスタグラマーへの道』
  インスタグラムをもっと楽しみ活用しましょう。
 ※詳細と登録はこちらから(メルアド入力だけで登録完了)
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

2) あなたの未来を切り開くメルマガ
 『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  発行費用 540円/月
  まぐまぐのアカウント作成が必要です。(無料)
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにてお願いします。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

3)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

メトロ銀座線

3
東京ビッグサイトにいくためのゆりかもめに乗る前に食事を軽く済ませることにしました。
軽くとなると、駅そばが手軽ですね。
初めて、新橋駅の駅そばに入りました。

36C925B4-F33D-480E-9F84-A28C9654978E

窓側が空いていたので、そこで待ちました。
頼んだのはわかめそばです。
私がよく利用する小田急の蕎麦屋には『わかめそば』がないため、思わず注文しました。

DDC8F8EF-A95A-49F1-93D1-B20B386B0BD9

そして、店内でいなり1個を追加しました。

F215B19A-7762-4C53-88AF-3B3406291A6B

わかめにネギ・・・一番ヘルシーでいいですね。
関東らしいつゆもいい。

D8087548-2626-44BB-89B8-00A9A2C5240D

いなりの味は、味気が薄めでしたが健康には良さそうでした。
味はイマイチですね。

83F0144F-AA71-4B8A-9352-0E6F90D84B33

手軽駅そば・・・サラリーマンの聖地・・新橋にはぴったりですね。

かのや 新橋駅構内店そば(蕎麦) / 新橋駅汐留駅内幸町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

5
新橋にある『ちぃち』・・・
カラアゲニスト間では、からあげの美味しい店として有名です。
昼間の唐揚げ食べ放題には、行列ができるお店です。

かくいう私は、まだ行ったことがなかったのです。
そこで、夜の時間に行ってみることにしました。

image

4,000円の飲み放題付のコースにしました。
まずは、生ビールで乾杯です。
今回も複数人です。

やはり、仲間との乾杯は最高です。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

image

豆腐とシラスのサラダです。
まずは、さっぱりとしたメニューです。
今回は年配者の飲み会なので、ちょうどいいかもです。

image

生本マグロの中トロの刺身です。
うん、こちらも適量でいいです。
刺身どーんも好きですが、少量でいい部位を味わう・・・
大人の味わい方ですね。

image

まぐろの特大カマです。
特大というだけあって、特大カマが2つでてきました。
これは強烈ですね。
1つで十分なボリュームなのに・・・2つは強烈です。
カマ好きな方にとっては、溜まりませんね。

image

image

そして、名物唐揚げの登場です。
日本唐揚協会会長も好きな『ちぃち』の唐揚げ・・・
食べて見ると・・・
まず小振りで食べやすい。
口の中で噛み進めると甘みが何ともいいですね。
これは、バクバクいける唐揚げです。

店員さんに聞くと、前日昼間に日本唐揚協会の会長が食べにきていたとのこと・・
奇遇ですね。

image

さきいかの天ぷらです。
意外と美味い・・・
こちらも病みつきになる味ですね。

image

シメは、国産牛のもつ鍋です。

image

丁度雨で、肌寒い日なので良かったです。
煮込んでいくといい感じになってきました。
頂きます。

薄味で、福岡県出身の私にもマッチングします。

image

最期にご飯を入れて、雑炊です。
腹一杯になりました。

image

酒肴ちいち 烏森口店居酒屋 / 新橋駅汐留駅内幸町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

5
渋谷スクランブルスクエア2Fの通路を渋谷駅から通り抜けていきます。
渋谷警察署向かい側のビル前よりエスカレーターで地上におりて、歩くこと数分でありました。

『鮨一(すし はじめ)』
幼なじみに一と書いて、「はじめ」と読む名字の人がいたのですぐに読めました。
それに私の名字の1文字と同じなので、入る前から共感がもてました。

階段で地下1階におります。

image

そして、ドアをあけると・・・
カウンターだけのお鮨屋さんです。
白木基調のカウンター・・・お鮨屋さんはそうでなくっちゃですね。

image

カウンター席の一番左奥に通されました。
腰掛けてみると・・・また良いですね。
座った感じでの第一印象・・・とても大事にしています。
何かを感じさせる期待感・・・・とても強く感じました。

image

シャリに使っている赤酢の瓶をみせていただきました。
赤酢を使った赤シャリはあまり普段食べる機会がありませんでしたが、先日、赤シャリを食べて江戸前特有の旨さを感じたばかりでした。
とても期待ができる展開になりそう・・・

image

まずは、雲丹の食べ比べからスタートです。
北海道のバフンウニと宮城のムラサキウニです。

image

シャリの上にたっぷりのうに・・・
たまりませんね。

image

手に直接のせてくれたものを直接食べます。
私は、もったいないですが一口で入れました。
一気に口の中で雲丹のエキスが広がって溜まりませんね。
美味い!!

image

雲丹の後は、口直し的なモロヘイヤのお浸しです。
モロヘイヤの他に、えのき、黄菊、紫菊(もてぎく)。
とろみがありながらもサッパリしています。

image

平目のお刺身です。
特製の煎り酒につけて食べます。
煎り酒は、昆布・梅などをお酒の中でよく煮込んだものです。

image

安曇野産のワサビ(長野県知事賞受賞)を載せて、煎り酒につけて頂きます。
平目の旨味が更に引き立つような味わいでした。

image

ホタテです。
貝殻もかなりでかいです。

image

まずは、先程の煎り酒で食べた後、ワサビ醤油でも食べてみました。
二つの味わい・・・
好みは分かれるかもしれませんが、私は素材の味そのものを引き出させる煎り酒の方が好みでした。

image


image

ホタテの磯焼きです。
ホタテを余すことなく使う・・・
ほのかな醤油の香りが磯辺を連想させます。

image

サワラの昆布だしでのしゃぶしゃぶです。
自家製ごまダレにつけて食べます。
たまりませんね。

image

最初に生ビールを飲んだ後、ここから日本酒に移行しました。
日本酒は、まずは料理にあわせての基準の酒をセレクトしてくれました。

モダン仙禽 無垢
私達のスッキリした酒の好みを伝え、まずは基準のために選んでくれました。
見事なキレキレでしたね。

image

そして、なんと言っても、酒をいれた器とぐい飲みです。
材質はなんと・・・すず・・・
いや、何でしょう。
キレキレなのは、すずのせいもあるのかもしれません。
このすずのぐい飲みは素晴しいですね。

大将に頂戴と言いましたが・・・くれませんでした。
このぐい飲みで飲むだけでも価値がありますね。
超オススメです。

image

image

カツオのたたき風です。
さくらチップで少し燻製しています。
あさつきを載せています。
ニンニク風味で脂がのっているため、まるでお肉のようでした。

image

ボタン海老の昆布シメのにぎりです。
海老好きな私には、たまりません。

image

アジです。
中に少しあさつきを入れて一工夫されています。
こういうちょっとした創作的な試みはすきですね。
アジが苦手な方でも食べやすくなると思いました。
私は、青物が大好きなので、より美味しく感じました。

image

朴歯(ほおば)焼きです。
太刀魚をメインに、しめじ、平えのき、舞茸、銀杏などが入っています。
今の時期らしい秋を感じさせる構成です。
石狩味噌が食欲をそそります。
というよりも、日本酒を飲むペースがあがってきますね。
(^^)

image

よって、次なる日本酒に入りました。

『雅山流如月』です。
山形県米沢にある蔵元・・・最近にわかに人気がでているものです。

image

今度は少し安定したぐい飲みに変わりました。
すず製であることにはかわりないですね。
美味い!

image

ノドグロの炙りのにぎりです。
生七味をかえて食べましたが、パンチが効いて、ノドグロの美味しさが倍増した気がします。
美味い!
雅山流如月にも合う。

image

本鮪のかまの部分を二段仕立てにしたトロです。
醤油につけたトロとそのままのトロ・・・
贅沢な味わいですね。

これは、中トロ・大トロ以上の美味しさです。
大トロのように脂満点ではないので、ヘルシーさもあります。

image

蝦夷あわびです。
でっかい!!

水とお酒で6時間で煮込んでいます。
さあ、どんな味か・・・?

image

中央部だけを頂きます。
贅沢ですが、旨さが全然違いますね。
鮑というと、海沿いの旅館で食べる鮑の踊り食いを連想しますが、旨さが違い過ぎました。
本当の鮑の美味しさを知った気分です。

image

続いて、日本酒は『呼友』です。
久保田で有名な朝日酒造ですが、酒造主催の勉強会「久保田塾」を卒業したメンバーの販売店のみで取り扱っている酒との説明でした。
朝日酒造らしく・・水のような自然体の味わいでした。

image

鮑を食べた後の残りタレの中に、おこげやシャリを入れて食べました。
また不思議な美味しさですね。
通常の握りでは味わえない美味しさです。

image

松茸と毛ガニのシャリ茶漬けです。
ここで茶漬けとはびっくりしましたが、冷酒を飲んでいたのでちょうどいいですね。
松茸と毛ガニのエキスが一杯・・・贅沢な一品でした。

image

口直しのメショウガです。
ピリリとして、胃への刺激になっていい。

image

最後の日本酒は、『魔斬』です。
これは辛口ですね。
最後に飲むにはふさわしかったです。
私の日本酒の趣向はスッキリ、辛口であることがわかりました。

image

大トロはがしの握りです。
はがしは初めてです。

※はがしの説明です。
 本鮪のかまの大トロ部分を、トロ独特のすじをあえてはがしとっています。
 すじとすじの間の身を「はがし」と言うそうです。

ここまでくると、言葉が出ませんね。
美味い!!の一言です。

image

コハダの握りです。
コハダも好きです。

image

穴子の煮あがりの握りです。

image

山ワサビです。

image

実際の現物も見せて頂きました。
凄い!

image

この山ワサビを使って次からの凄い料理に繋がっていきます。

巻物として山椒、大葉、ごま、ガリ、トロ、きゅうり、山ワサビ、鰹節を一巻きにしています。
そして、その上に雲丹とたっぷりのイクラです。

image

もう、滅茶旨すぎる・・・
ガリとキュウリで食感もよく、香りも味も抜群です。

image

最後に海苔だけで残ったイクラを入れて食べました。
感無量です。
これは、行ってたべてもらうしかないですね。
この美味しさ・・・是非味わってください。
(笑)

image

最後に玉子焼きです。
見た目も・・・
食べても・・・
カステラですね。
でも甘さはほんのりと・・・卵焼きです。

まるで、お鮨屋さんで食べるデザートでした。
芝海老と大和芋とわさぼんを使用しているとのことでした。

image

椀は、最後に五臓六腑に染み渡りました。
そりゃそうですね。
松茸と車海老のしんじょうが使われていました。

本当に旨かった。

image

鮨 一寿司 / 渋谷駅代官山駅
夜総合点★★★★ 4.8

5
知人に連れられて初めて魚金総本店にやってきました。
私は初めてでしたが、新橋では有名な居酒屋だそうです。

私も長くサラリーマンをしていましたが、実は、あまり新橋には縁がなかったのです。
そのため、新橋は私にとってもまだ未開の地が沢山ありますね。

image

店の前にテーブルをおいて、飲んでいる人達もいました。
2Fに案内されました。

なんと、グラス生ビールが17時前だと1杯サービスとのこと・・・
約束は17時でしたが・・・早く着いて正解でした。
ラッキー!

image

最初に注文したのは、刺身6点盛りスペシャル(1,980円)に、+400円で本鮪がつきます。
もちろん、それにしました。

それと、アジフライを注文しました。
先に、アジフライが登場しました。

image

アジフライはサクサクッと揚がっており、うまい!
大衆酒場らしい美味しさです。

そして、刺身登場です。
知人の話ですと、もっと盛っているイメージだということでしたが、初めての私には十分に量があると思いました。
二人なのですが、刺身は一人二切れずつあります。
しかも、大ぶりの刺身が多いですね。

中央には、おしんこもあります。

image

二人でどんどん食べ始めました。
旨い!

image

流石に、刺身で有名なだけはありますね。
しかも、値段も安い。
刺身だけでお腹いっぱいになります。

image

適度に大物が入っているのもうれしいです。

image

本鮪をプラスして良かったと思います。
400円でプラスできるのは嬉しいです。

image

ハマチも一時苦手な時期がありましたが、新鮮なハマチは美味しいですね。

image

image

タコもすきなのですね。
刺身にタコが入っているのは、私には嬉しいです。

image

image

image

image

image

image

最後にスダチサワーを頼みました。
スッキリとした味わい・・・

image
刺身とアジフライだけでお腹が満たされました。
大満足の店でした。
やはり、新橋の大衆酒場はいいですね。

魚金 本店魚介・海鮮料理 / 新橋駅汐留駅内幸町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9

4
新橋で電源カフェをネット検索で探しました。
すると、ヒットした中で面白いと感じたのが、CONCENTと言う名前のカフェ?
いや、ストレートに電源を求めている人には伝わってきますね。

場所は、ニュー新橋ビルの3Fにありました。
烏森口側よりにあります。

image

image

店内に入り、席はフリーでした。
一瞬コンセントがどこにあるか?がわかりませんでしたが・・・
ビルを作りを考えて・・・床でしたね。
昔のオフィスビルにある方式です。

カバーのところのつまみをスライドすると、パカッと上にあくタイプです。
コンセントは2つありました。
有り難い。

image

image

ドリンクはフリードリンクです。
完全時間制なので、1時間以降、自動課金されていきます。
それほど混んでなく、快適ですね。
新橋の穴場といった感じです。

やはり、サラリーマン風の人が多かったです。
新橋ですから・・・

コンセントカフェ / 新橋駅内幸町駅汐留駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

↑このページのトップヘ