5
四ッ谷にやってきました。
目的地は、丸の内線四ッ谷駅からすぐでした。
大通りから1本入った路地内なので、静かな雰囲気とたたずまいでした。

FullSizeRender

本日は、そば前とシメの蕎麦を楽しみます。
『そば鴨の助』
店名も何だかいいですね。
鴨にこだわっていることが、看板だけで伝わって来ます。

FullSizeRender

店内に入ると、いい感じのカウンター席です。
こちらの店の特徴は、カウンター席でも食べログから簡単に予約できるのです。
一人客の場合、ネット予約ができないところがありますが、有り難いです。
一人のみの場合は、便利です。

IMG_1084

もちろん、テーブル席もあります。
テーブル席予約も簡単です。

IMG_1085

何といっても、まずは生ビールから・・・
一人乾杯!
( ^_^)/□

IMG_1090

お通しです。

ピーマンの上に、蕎麦の実が味噌で和えられています。
ピーマンの食感とともに・・・そば前にはピッタリです。
ビールがより一層おいしく感じられました。

FullSizeRender

まずは、「鴨の助ポテトサラダ」を注文しました。
声かけで注文できるのですが、折角なのでネットで注文してみました。
大将のリアクションは素早いです。
何となく料理の期待感につながりました。

そして、登場・・・
おお?

ポテサラの上に、エンドウ豆?(ずんだかも?)のソース(わさび入り)がかけられており、ポテサラに適度な刺激が加わってうまい。
半熟玉子が載っているのもいいですね。

もちろん、そばの実が食感に貢献・・・
独自なオリジナルポテサラいいですね。
男にとっては、ポテサラは・・・
何だか郷愁の念に浸れます。

FullSizeRender

「鴨の手羽元煮」です。
これは、たまらない逸品です。
日本酒が飲みたくなりますね。
一人だとベロベロになりそうなのでやめました。
濃いダシがしみ込んで最高です。
青ネギとのマッチングもいいね。

FullSizeRender

FullSizeRender

おでんにしてみました。
食べようと思っていた餅巾着は、本日はありませんでした。
王道の大根、こんにゃくにしました。

登場してびっくり・・・でかい!
食べ応え十分です。
でも、大根もしっかりと味がしみこんでいます。
とろとろの大根もいいけど、私は今回のような多少の歯ごたえがある方が好きです。

FullSizeRender

結構お腹にたまってきました。
ここで、蕎麦を頼んだ方と判断して注文しました。
「粗挽き鴨つけそば」

FullSizeRender

細目の蕎麦でした。
これが、つけそばにはピッタリでした。

FullSizeRender

粗挽きの鴨が何とも贅沢で・・・
麺に適度に絡みつくので、鴨の旨さと蕎麦の香りがマッチングして、どんどんイケます。

FullSizeRender

あっと言う間に、食べ終わりました。
喉越しも最高!

FullSizeRender

最後に、大将がそば湯を出してくれて、満足、満足・・・
いや、拘りあるそば前の蕎麦でした。

今回は注文しませんでしたが、鴨焼が気になりました。
鴨はヘルシーですから、どんどん食べてもへっちゃらかも?
次回来るときは、鴨焼にロックオン!
ご馳走様でした。

鴨の助そば(蕎麦) / 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅
夜総合点★★★★ 4.0