おいしいグルメ・ランチを食べて幸せ・元気になろう!

カラアゲニスト、グルメインフルエンサーとして東京・神奈川を中心に全国津々浦々においしいものを求めてソログルメ(孤独のグルメ)を探求中です。お一人様でも気軽に入れる店も多数紹介しています。 おいしいものを食べて元気・幸福になろうよ!

1)noteでいろんな記事を連載中
 『イッチャンのnote』
 フォローしてくださいね。
    ↓    ↓
  https://note.com/iccyan/

2)人気ブログランキングをはじめました。
 応援クリックお願いします。
   ↓     ↓
 https://blog.with2.net/link/?2013584

4)食べログを始めました。
  いいね・フォローよろしくお願いします。
   ↓     ↓
 https://tabelog.com/rvwr/iccyan777/

5
横浜にやってきました。
西口側になります。

以前も来たことがあるエリア・・
今回は、リッチモンドホテル横浜駅前のとなりのビル「SeaPlaze横浜」の3Fになります。

IMG_1966

エレベータで、3Fに上がります。

FullSizeRender

おしゃれな雰囲気の表札です。


IMG_1968

店内の入口も隠れ家的です。
秘密の扉をあけるようで・・・楽しみです。


IMG_1967

店内の作りもシックです。
完全個室オンリーです。

IMG_1970

各部屋に名前がついているのと、名前のライトアップの仕方がいいですね。

IMG_1971

個室の1室です。
2名席の完全個室・・・
まさに、デートにぴったりのお店です。

IMG_1969

個室には、クローゼットがついてます。
これはうれしい作りですね。
焼肉の臭いが服に付着するのを防いでくれます。
バックや手荷物もいれられるので有り難い。

IMG_1973

なんと、スマホ充電用のケーブルが用意されています。
ちょうどiPhoneを充電したいと思っていたので、嬉しい。

IMG_1975

今回は、15日8,800円のコースです。
飲み放題を別途つけています。

では、男二人・・・生ビールで乾杯です!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

IMG_1977

最初にでてきたのは、ユッケ丼です。
最初に丼がでてくるのは初めです。
でも、ユッケにご飯がついていると思えば、これはこれでありですね。
シソが入っているのも特徴です。

FullSizeRender

玉子をからませて・・・
さあ、いただきます。
美味い!

しその食感とユッケの絡まり方がいいですね。
ご飯にも合いますね。
最初の丼を食べるのも、ありです。


FullSizeRender

「熟成牛タンの3種盛り合わせ」です。
タンの根本、真ん中、先側の3種です。
タンの場所によっての違いを味わう・・・
このパターンは初めてですね。

まさに、女性を意識した配慮だと思います。
タンを好きな女性は多いですからね。


FullSizeRender

まずは根本から焼いていきます。
IMG_1985

裏返して、ネギを載せてみました。
これは、連れのアイディアです。
ネギを載せると、よりヘルシーに感じますね。
美味い!

IMG_1987

真ん中、先側と食べ進めました。
感想としては、先側の方が予想に反してシャキシャキ感がありました。
タンの部位の場所の食べ比べ・・いいですね。
女性を連れていってあげると、きっと喜ばれますね。

「ナムル・キムチの盛り合わせ」
ヤングコーンとオクラの焼いたものがナムルとして登場したのはユニークでした。
ヤングコーン・・・いい!

FullSizeRender

後ほど使う、牛鍋用の肉/豆腐などです。
横浜は、牛鍋が有名です。
今回は、ITADAKI風で登場する予定です。
楽しみ!

FullSizeRender

牛タンの塩煮込みです。
スープよりも、牛タンが主役です。
しかも、とろとろに煮込んでいるのと、スープの味がしみこんでいるので、これは絶品でした。
美味い!
牛タンを楽しんだ後、スープも飲み干す・・・
肌寒くなったシーズンには、最高の逸品です。

FullSizeRender

「塩 2種盛り合わせ」です。
本日の2種は、ランプとザブトンです。
ああ・・・見るからに美味そう!

FullSizeRender

ランプから焼いていきます。

FullSizeRender

最初は、そのまま食べてみました。
そのままでも美味い!

タレやわさびでも食べてみました。
どれでも美味いですね。

サブトンのサシのとろけ方もたまりません。
ワサビを肉に載せると、これがまた美味です。

FullSizeRender

「タレ 3種盛り合わせ」です。
イチボ、ハラミ、リブロース・・・
どれもこれも大好きな部位です。

IMG_2004

イチボから焼き始めました。
もう説明はいらないですね。
美味いものは美味い!

FullSizeRender

次にハラミ・・・
赤身のハラミもやはり王道ですよね。
日本人はハラミが好きですよね。
私ももちろん、ハラミ好きです。

そして、最後はリブロース・・・
この脂のとろけ方が溜まりませんね。
最後にリブロースを廻したのは、大正解でした。
美味い!

そして、先程の材料を使った牛鍋が登場しました。
調理してくれたものを、焼肉用のコンロで仕上げます。

FullSizeRender

角張ったお肉が、横浜の牛鍋を感じさせてくれます。
焼豆腐も美味しいです。
黄身ともよく合いますね。

IMG_2018

〆は、冷麺です。
適度な量なので、つるつるっといけました。
キムチが入ってるのも嬉しい!

FullSizeRender

デザートは、5種類の中から選べます。
ティラミスのココア、抹茶アイス、バニラアイス、ビスタチオアイス、柚子シャーベット。
私は、ビスタチオアイスを選び、連れはティラミスのココアを選びました。

私が頼んだビスタチオアイス・・・
ナッツのビスタチオが大好きなので、そのビスタチオがアイスの中にも入っており、食感が楽しい。
もちろん、ビスタチオ味のアイスも最高でした。
やはり、良い焼肉屋さんは、デザートも美味いです。

FullSizeRender

FullSizeRender

いつしか、お腹一杯になりました。
飲み放題をつけたので、生ビールの他に、ハイボールも楽しみました。
満足、満足。
デートだけでなく、女子二人でもいいですね。
もちろん、私達のように男二人でもOKです。

個室で、コロナ禍でも安心して焼肉を楽しめるのは最高ですね。
ご馳走様でした。

完全個室焼肉ITADAKI 横浜駅前焼肉 / 横浜駅神奈川駅反町駅
夜総合点★★★★ 4.2

5
横浜駅にやってきました。
西口側にやってきて、左手に高島屋をみながら、右側にみえるMORE’Sの方向に行きます。
MORE’SとNEWoManの間の通りを抜けて、高速道路の高架下の橋を渡り、最初の路地を右に曲がります。

IMG_1629

すると、左手に5F建てのビルが見えます。
今回の目的地があるビルになります。

FullSizeRender

YT16 Bldg.
ちょっとおしゃれな感じがします。
エレベーターで5Fに上がります。


FullSizeRender


IMG_1630

ドアをあけて店内に入ると、素敵なオープンカウンター席が見えます。
小人数対応の席・・・いいですね。
今回、カウンター席の中央に座りました。


FullSizeRender

本日のメニューです。
いや、かなりのバリエーションの多さです。
これは楽しみ・・・
何と、久し振りの鉄板焼きです。
心が高鳴りますね。


FullSizeRender

マイコーナーです。
箸とナイフ・フォークの両方がおかれています。
箸おきがかわいい・・・

FullSizeRender

まずはさておき、友人と二人で乾杯。
( ^_^)/□☆□\(^_^ )

やはり、二人だと楽しいですね。

FullSizeRender

最初の料理です。

(鮮魚のタルタル キャビア添え)
鮮魚は、縞鯵でした。
ビネガーにキャビアの酸味が心地よい。
最中生地と縞鯵があいますね。
滅茶ヘルシーでサッパリです。

肉料理の前に工夫された肉割烹の料理の出方が素晴しいです。

FullSizeRender

本日のステーキで使うお肉を見せてくれました。
牛さんの置物との色合いも素敵です。
本日のお肉は、黒毛和牛のイチボになります。
楽しみ!

FullSizeRender

肉の塊をみていると・・・
食欲があふれてきますね。

FullSizeRender

(A5黒毛和牛 にぎり)
肩甲骨のお肉です。
タレの甘みが口の中でジュワッと広がっていきます。
金箔とネギで何とも色合いも綺麗ですね。
目と鼻と口の三方で料理を楽しむ・・・
一口で口に入れて味わえるので嬉しい!

FullSizeRender

(和牛 低温料理 瞬間燻製)
蓋をした瓶詰めが登場しました。
蓋をあけると、スモークがフワッと立ちこめ、香りとの調和が溜まらない。
サクラチップスが燻製しています。
口に肉を含めると・・・
バターのようなとろけ方・・・
低温調理、瞬間燻製ならでは味わいです。
通常の燻製のように、燻製くさい感じではないので、ほのかな香りがGoodです。

IMG_1652


目の前でお肉を焼いていく光景は楽しいですね。
鉄板焼きならではの醍醐味です。
外国の方が鉄板焼きを好むのもわかる気がします。


FullSizeRender

一方では、伊勢海老も見えます。
海老好きな私なので、海老も気になりますね。


IMG_1658

(鮑と季節野菜のポタージュ)
根セロリに煮込んだ鮑・・・
コーヒーカップ風の器もいい!
スプーンですくうと、大振りの鮑が・・・
美味しい!

FullSizeRender

(花咲ミノの湯引き 大根の浅漬け)
大葉のポン酢、大根の浅漬けのおろしともよく合います。
ミノとは思えないとてもヘルシーな味わいです。
大人の味わいといった所ですね。

FullSizeRender

(和牛しゃぶしゃぶ)
赤身のお肉に牛タンのコンソメスープに浸っています。
まさに、しゃぶしゃぶのようです。
食べてみると・・・
とろけそう・・・
美味い!

FullSizeRender

ここで、ドリンクは知覧にっぽん紅茶ハイにしました。
鹿児島の知覧茶を使った紅茶ハイ・・・
独特の味わいで良かったです。
おもわず、おかわりをしました。

FullSizeRender

(和牛煮込ハンバーグ オープンサンド)
煮込ハンバーグにレタス、チーズを載せて炙っていきます。

FullSizeRender

更に、違うチーズを削ってかけていきます。
実に手の込んだサンドです。

FullSizeRender

オープンサンドなので、パンで挟まずに食べます。
チーズもパンもとろけそう・・・
美味しい以外に言葉見つからない・・・
いやいや、これは贅沢な逸品でした。
美味い!

FullSizeRender

(伊勢海老の鉄板焼き)
エビちゃんの登場です。
本当に黄金色で焼きあがっています。
みるだけで美味しそうですね。

FullSizeRender

2種類のソースで味わいます。
最初にそのままで食べましたが、十分にうまい。
香ばしさがたまらない。
右側のアメリケーヌ・・・魚介類の味で海老の味が引き立ちますね。
予想外の味変です。

ジャガイモベースも美味しい。

FullSizeRender

料理事にナイフとフォークを取り替えてくれるのは有り難いです。
こういう配慮でお店の姿勢がわかりますね。

さあ、肉の仕上げです。
演出効果もたっぷり・・・
鉄板焼きの目で味わう醍醐味です。

FullSizeRender

(最高級黒毛和牛 ステーキ)
イチボ・・・
見るからに美味そうです。

IMG_1689

塩、わさび、生の胡椒で味わいます。

FullSizeRender

塩も美味しいし、ワサビも合う・・・
生の胡椒も合うし、ワサビと両方をつけても合います。
肉がいいから、要は何でもあうということです。
三者三様の味わい深さ・・・
本当に美味い!
鉄板焼でのステーキ・・・
やはり感動物です。
来て良かった・・・
幸せ!

FullSizeRender

(〆のガーリックライス)
鉄板焼きの〆は、ガーリックライスで決まりですね。
ご飯の量は普通にしてもらいました。
多めも少なめも対応可能です。

FullSizeRender

トリュフ玉子ソース、伊勢海老の味噌汁との三点セットです。

FullSizeRender

まずは、ガーリックライスだけで食べます。
ガーリックの風味とお米の香ばしさが美味い。

FullSizeRender

FullSizeRender

トリュフ玉子ソースをかけます。
ユッケでの味変にもなる・・・
濃厚さが際立ち・・・美味!
ご飯を多めにしなかったことを少し後悔・・・

FullSizeRender

デザートは、季節フルーツのパンナコッタ。
本日のフルーツは、みかんでした。

FullSizeRender

久し振りの鉄板焼き・・・
本当に美味しかったです。
こちらの鉄板焼きはヘルシーなので、女性を連れてくると喜ばれそうだし、女子会にも最適だと思います。
ご馳走様でした。

鉄板焼きWAGYU LIVERARY鉄板焼き / 横浜駅神奈川駅反町駅
夜総合点★★★★ 4.2

5
メトロ日比谷線2番出口から、1本路地に入った所に何やら強烈なインパクトを与える建物があります。
いつできたのか?
後で担当した職人さんに聞いたのですが、何と6年前にオープンしたとのこと・・・
知らなかった・・・

思い起こせば、夜に茅場町に来たことはあまりありませんでした。
昼間では、確かにきづかないですよね。

FullSizeRender

入口側に回っても壮観です。
今回は、このビルの3Fに行きます。
1Fは焼き鳥、2Fは懐石、3Fがお鮨になります。
3Fは会員制になります。

FullSizeRender

1Fに入り、3Fで予約している旨を伝え、3Fまで室内の階段であがります。階段であがるのも隠れ家的でいいですね。
目的地の扉が見えてきました。


IMG_1481

室内に入ると、何と靴を脱ぐシステムです。
お鮨屋で靴を脱ぐのは初めてかも?


IMG_1480

L字のカウンター席です。
掘りごたつ式になっており、かつ座椅子がついているのでゆったりと食事ができます。

FullSizeRender

上着は預かってくれます。
私は、L字の一番右奥でした。
一人だったので、角席は有り難いですね。
じっくりと堪能できます。

FullSizeRender

日本酒とも思いましたが、まずは生ビールで乾杯です。
( ^_^)/□

IMG_1388

生牡蠣からスタートです。

「生牡蠣」
北海道仙鳳趾(せんぽうし)の牡蠣です。
大きくてつやつや、プリプリです。
大きいので、職人さんが食べやすくカットしてくれています。
滅茶苦茶みずみずしい・・・
牡蠣好きにはたまらないですね。

IMG_1390

FullSizeRender

ここで、酒のアテが7種類でてきました。
日本酒にしなかったことを多少後悔しながらも、でも生ビールにもしっかりと合います。

FullSizeRender

「鯨の囀り」
鯨臭さが全くない、粒皮の食感とネギもアクセントになっています。

FullSizeRender

「あん肝」
とても濃厚です。
でも美味い・・・
間違いなく日本酒に合う逸品です。
日本酒は、他の方の注文しているのをみていて、おまかせがベストに感じました。


FullSizeRender

「蟹味噌」
煮詰めて、煮詰めて濃厚にしています。
10kg→3kg位になるまで煮詰めているとか・・・
美味いわけだ・・・


FullSizeRender

それ以外のアテです。

「岩もずく」
青森県産です。みずみずしい・・・ヘルシー!
つるっといけます。

「芽生姜」
ガリです。
こちらは、鮨の合間に食べました。

「明太子」
自家製のものです。
芋焼酎につけたとか?
九州出身の私には、とてもうれしい逸品でした。
穏やかな味わいでした。

「千枚漬け」

さて、握りのスタートです。
一番手は何か?
大トロでした。

「大トロ」
北海道戸井産です。
2週間熟成したものです。

不二楼さんの特徴は熟成鮨も使っていることです。
元々の江戸前寿司は熟成が当たり前だったようです。
鮨の原点である熟成にこだわっているあたりもいいですね。

味が実にまろやかですね。
シャリの適度な硬さにトロのとろけ方が合っています。
美味い!

FullSizeRender

ここで、職人さんがマグロの大トロの部分を見せてくれました。
こうやってみると、贅沢な部分を食べているのですね。
この醍醐味こそが、幸せに感じます。
マグロ好きの日本人には欠かせない・・・

FullSizeRender

「勘八」
2週間熟成しています。
カウンター内の握り光景を見ていると、ネタにつけ出し汁を塗ってくれていあmす。
カツオのお出しなど・・・どうりで旨みが増すわけです。

カンパチも非常に柔らかいです。
食べた後の口の中での旨みの拡がり方がいいですね。

FullSizeRender

「白烏賊」
長崎の白イカです。
藻塩を振っています。
肉厚はイカは最高ですね。
最初の食べた食感は、イカじゃないみたいでした。

FullSizeRender

「鰆」
藁で蒸しています。
4日熟成です。
サワラ握りを口の中に入れると、シャリの上でとろけていく感じです。
熟成は、ちょっと違いますね。
普段知っている寿司とは別物に感じます。

FullSizeRender

「コハダ」
鹿児島のコハダです。
コハダは大好きです。
酢締めで5日目のものです。
コハダの酢との相性がいい・・・
コハダが苦手な方でも食べられると思います。

FullSizeRender

ここで、握りは一息です。
茶碗がでてきました。
蓋を開けると・・・

「松茸の茶碗蒸し」

FullSizeRender

松茸がちりばめられています・・・
食べ進めると・・・とにかく美味い!
食レポがいらない美味しさです。

FullSizeRender

何と白子も入っていました。
知人に白子が大好きな人がいるので・・・
こんなの食べたというと・・・うらやましがられる・・・
白子が入った茶碗蒸しもおつです。
銀杏とともに・・・季節の風物詩を感じます。
それにヘルシー!
本当に美味い茶碗蒸しでした。
おかわりしたい!

FullSizeRender

再び、握りに戻ります。

「マグロ漬け」
上品な漬け方です。
当たり前か?

後から効いてくるわさびの感じもいい!

FullSizeRender

「クエ」
炙っています。
クエのにぎりは初めてかも?
香ばしい中に旨みがじわっと来ます。

FullSizeRender

「赤貝」
美味い!
赤貝の美味しさで、お寿司屋さんの力量がわかる機がします。
とにかく美味い赤貝でした。
もう1貫食べたい!

FullSizeRender

ここで口直しです。

「栗のチップス」
シーズンオフが近いところで食べられたことに感謝。
とにかく作るのに手間がかかっています。
低温で揚げているとのこと・・・
滅茶苦茶癖になる味でした。
お客さんからも大人気とか?
塩もよく効いています。

FullSizeRender

生ビールを2杯飲んだ後、3杯目は白州のハイボールにしました。
流石にここまでで、かなりお腹も一杯です。
ハイボールで胃腸の気分転換も図った次第です。

IMG_1444

ラストスパートです。

「カワハギ」
カワハギの上に、カワハギの肝が載っています。
滅茶濃厚です。
職人さんによると、本日のメインと言っても過言ではない。
カワハギの肝に価値がある・・・
いやいや、ごもっともです。
例え、お腹一杯だとしても、食べたい美味しさです。
食べられたことに本当に感謝かも?

FullSizeRender

「雲丹の軍艦」
雲丹は浜中です。(小川のうに)
何と、雲丹の下に白子が入っています。
いやいやいや・・・美味かった。

FullSizeRender

職人さんが海老の皮をむいていました。
私の大好きな海老です。
しかも・・・車海老・・・

FullSizeRender

「車海老」
半茹でです。
甘みがとてもありますね。
海老の味噌もおいしい・・
海老好きにはたまらない。

FullSizeRender

ここでカウンターの奥をみると・・・
各種包丁がおかれています。
こういう雰囲気も高級寿司店ならではですね。

FullSizeRender

名物のバッテラ・・・
これだけの量をみると壮観です。
食べたい気分になります。
お腹が一杯になっているはずなのに・・・

FullSizeRender

「バッテラ」
とにかく美味い!
甘みが食欲を復活させてくれます。
名物だけのことはありますね。

FullSizeRender

「煮穴子」
本日の握りのシメです。
手でもつと壊れそうな・・・
口の中に入れるととろけました。
ただただ、美味い!

FullSizeRender

職人さんに、別なお客さんようの先程食べた「カワハギ」と「雲丹軍艦」が大皿に載せているものを見せてもらいました。
あの感動が・・・再びでした。

FullSizeRender

「お椀」

FullSizeRender

蓋をとると赤出汁でした。

FullSizeRender

飲み進めるとシジミを発見!
肝臓が整うように感じました。

FullSizeRender

最後にあがりを飲んで、満足、満足、大満足・・・

FullSizeRender

楊枝もおつでした。
黒文字楊枝も使いやすかった。

FullSizeRender

ご馳走様でした。
本当に堪能できました。

今度は、他の階の焼き鳥か懐石にもきてみたいです。
それに、4FのBarにも・・・
女性のバーテンダーさんがいるとか・・・
行きたい気分で、お店を後にしました。

鮨 不二楼寿司 / 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅
夜総合点★★★★ 4.3

5
JR神田駅東口をでて、中山道を日本橋方向に歩いていきます。
今川橋の信号機を通り越して、2本目の路地を左折します。
すると、何だか飲食店が入っているらしきビルで見えてきます。

飲食店のテナントビルで有名なGEMSビルになります。
その6階が今回の目的地です。

『野乃鳥日本橋店』

IMG_1186


1112日(土)にオープンしたばかりです。

京都の「丹波黒どり」をこだわり、炭火焼きで美味しく焼き上げくれます。


店内の入口からして、隠れ家的で素敵!

IMG_1191

丁度、炭火焼の光景が見える特等席でした。

嬉しい!

IMG_1192

生ビールで乾杯の後、「前菜」からスタートです。


IMG_1199

京野菜・聖護院大根の上品な味付け、鳥の胸肉とのヘルシーな感覚もいい!


FullSizeRender

「鳥わさ」 香川の醤油パウダーをつけると味が引き立つ!とても美味でした。
わさびが苦手な私ですので、半分ほどわさびをつけてみましたが、これが実にいい。
鼻へのツーンはなく、鳥の味が引き立ちました。

FullSizeRender

「たたき」は2種類、・・ももと胸。串焼の前に、鳥わさやたたきで胃腸を整える・・大人の食べ方です。

FullSizeRender

タレも良かったけど、塩が一番あっていると思いました。
ヘルシー!

FullSizeRender

焼き鳥は7串です。

店長がプロの技で焼く姿を見ながら、食べる醍醐味!


「ささみ」
梅しそのレア焼、とてもこちらもとてもヘルシーでした。
梅とシソがささみ肉にあいますね。

IMG_1211

FullSizeRender

「ねぎま」
丹波地鶏の店長一押しの串焼でした。

触込み通りの美味しさでした。
本当にヘルシーです。
女性に人気がでそうですね。

FullSizeRender

「つくね」
とてもジューシーでした!
口の中でとろけそうです。
ふんわり感もいい。
一見つくねらしからぬ雰囲気とのギャップもいいですね。

FullSizeRender

「ズリ」
関東では砂肝、適当な歯ごたえが好きです。
小振りなズリは食べやすいですね。


FullSizeRender

焼けている光景をみるのは、楽しいですね。
幸せな気分になります。
見ることも一つの料理をたべることにつながります。


IMG_1223

野菜串は、とまとでした。
熱々はホクホクいいながら食べる・・
これもまた楽しです。

FullSizeRender

「ハラミ」
篠ソースに粒マスタード・・ただただ美味い!

FullSizeRender

「こころ」
以前新宿店で食べた「こころ」が美味かった話を連れにしていたら、バッチグーなタイミングで
登場しました。
絶妙なタイミングが嬉しい!
こちらで食べたものは、より美味しかった。

FullSizeRender

「ぼんじり」
タレでぼんじりを食べるのは初めてでしたが、
ぼんじりから出る脂とタレが合いますね。
新発見!

FullSizeRender

ここでドリンクは、白州のハイボールにしました。
ハイボールと焼鳥も合いますね。

IMG_1235

「ミニ地鶏スキ」

彩りがとても綺麗!
味ももちろんGood
玉子の黄身に絡めて頂きます。

幸せ・・
野菜とのバランスとバケットを添えているあたりもいい!
とてもマッチングしています。

もちろん、野菜も地鶏も美味しい。

FullSizeRender

FullSizeRender

シメは、「鶏の土鍋ご飯」
鳥スープで炊いている丹波篠山のコシヒカリが美味い!
ご飯だけで純粋に美味い!
つい、二杯目も漬物をあてに食べてしまうとこでした。

ここでちょっとまった。

特製玉とをもらいます。
播州の有精卵の黄身に、卵黄の削りを振り替えて・・香川のカメビシの醤油をかけて・・玉子がけご飯。
何という贅沢な卵がけご飯でしょう。

美味いに決まってますね。

是非、あなたも食べてみて下さいね。


FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

最後は、鳥スープにデザートです。

デザートは、ファーブルトン(フランス:ブルターニュ地方で生まれたスイーツ)
バニラアイスが載っているので、ヒンヤリとした食感とも合います。


IMG_1350
おいしかった。
女子会やデートに最適な店ですね。
もちろん、男同士でも一人飲みでも、いろんなシーンで使えそうなお店でした。

野乃鳥 日本橋店焼き鳥 / 新日本橋駅神田駅三越前駅
夜総合点★★★★ 4.0

5
四ッ谷にやってきました。
目的地は、丸の内線四ッ谷駅からすぐでした。
大通りから1本入った路地内なので、静かな雰囲気とたたずまいでした。

FullSizeRender

本日は、そば前とシメの蕎麦を楽しみます。
『そば鴨の助』
店名も何だかいいですね。
鴨にこだわっていることが、看板だけで伝わって来ます。

FullSizeRender

店内に入ると、いい感じのカウンター席です。
こちらの店の特徴は、カウンター席でも食べログから簡単に予約できるのです。
一人客の場合、ネット予約ができないところがありますが、有り難いです。
一人のみの場合は、便利です。

IMG_1084

もちろん、テーブル席もあります。
テーブル席予約も簡単です。

IMG_1085

何といっても、まずは生ビールから・・・
一人乾杯!
( ^_^)/□

IMG_1090

お通しです。

ピーマンの上に、蕎麦の実が味噌で和えられています。
ピーマンの食感とともに・・・そば前にはピッタリです。
ビールがより一層おいしく感じられました。

FullSizeRender

まずは、「鴨の助ポテトサラダ」を注文しました。
声かけで注文できるのですが、折角なのでネットで注文してみました。
大将のリアクションは素早いです。
何となく料理の期待感につながりました。

そして、登場・・・
おお?

ポテサラの上に、エンドウ豆?(ずんだかも?)のソース(わさび入り)がかけられており、ポテサラに適度な刺激が加わってうまい。
半熟玉子が載っているのもいいですね。

もちろん、そばの実が食感に貢献・・・
独自なオリジナルポテサラいいですね。
男にとっては、ポテサラは・・・
何だか郷愁の念に浸れます。

FullSizeRender

「鴨の手羽元煮」です。
これは、たまらない逸品です。
日本酒が飲みたくなりますね。
一人だとベロベロになりそうなのでやめました。
濃いダシがしみ込んで最高です。
青ネギとのマッチングもいいね。

FullSizeRender

FullSizeRender

おでんにしてみました。
食べようと思っていた餅巾着は、本日はありませんでした。
王道の大根、こんにゃくにしました。

登場してびっくり・・・でかい!
食べ応え十分です。
でも、大根もしっかりと味がしみこんでいます。
とろとろの大根もいいけど、私は今回のような多少の歯ごたえがある方が好きです。

FullSizeRender

結構お腹にたまってきました。
ここで、蕎麦を頼んだ方と判断して注文しました。
「粗挽き鴨つけそば」

FullSizeRender

細目の蕎麦でした。
これが、つけそばにはピッタリでした。

FullSizeRender

粗挽きの鴨が何とも贅沢で・・・
麺に適度に絡みつくので、鴨の旨さと蕎麦の香りがマッチングして、どんどんイケます。

FullSizeRender

あっと言う間に、食べ終わりました。
喉越しも最高!

FullSizeRender

最後に、大将がそば湯を出してくれて、満足、満足・・・
いや、拘りあるそば前の蕎麦でした。

今回は注文しませんでしたが、鴨焼が気になりました。
鴨はヘルシーですから、どんどん食べてもへっちゃらかも?
次回来るときは、鴨焼にロックオン!
ご馳走様でした。

鴨の助そば(蕎麦) / 四ツ谷駅四谷三丁目駅麹町駅
夜総合点★★★★ 4.0

↑このページのトップヘ